アシンクロナスモードも用意

ラステーム、USBからの192/24出力に対応したUSBオーディオステレオアンプ「RUA220」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年11月04日
(株)ラステーム・システムズは、USB Audio 2.0規格に対応し192kHz/24bitデータの伝送ができるUSBオーディオステレオアンプ「RUA220」を近日発売する。価格は56,700円(税込)。

RUA220

USB出力のみを備え、最大20W+20W(4Ω)のスピーカー出力と、最大80mW(32Ω)のヘッドホン出力を搭載したデジタルアンプ。USB Audio 2.0規格に対応し、USBからの192/24データ出力も可能なのが大きな特徴のひとつだ。筐体はアルミ押し出し材を、フロントパネルは厚さ5mmのアルミ削り出し材を採用している。対応OSはWindows XP/Vista/7とMac OS 10.6.3以降。Windows用の専用ドライバーではASIOにも対応し、Vista/7ではWASAPIの使用も可能だ。

±2ppmのTCXO(温度補償型水晶発振器)を実装することで、クロックジッターを抑制し原音に忠実でクリアな音を実現。アシンクロナスモードも備えている。

ヘッドホン出力はOCL(アウトプット・コンデンサ・レス)でカップリングコンデンサを使用せず、ダイレクトにサウンドを伝達。またヘッドホン出力前段には192/24対応のDACを搭載している。

また、スムージングボリューム技術によりボリューム値の微調整も可能だ。

本体前面には96×96ドットの有機ELディスプレイも搭載。WIndows用付属ソフトウェアを使えば表示内容をユーザーが自由にカスタマイズ可能で、デジカメ写真などを表示させることもできる。


【問い合わせ先】
ラステーム・システムズ
TEL/0255-74-4124

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドRASTEME
  • 型番RUA220
  • 発売日2010年
  • 価格¥56,700(税込)
【SPEC】●最大スピーカー出力 :20W + 20W(4Ω) ●スピーカーインピーダンス:4Ω〜8Ω ●スピーカー周波数特性:10Hz〜20KHz(-0.5dB、2W時8Ω負荷) ●スピーカー全高周波歪率:0.03%以下 (2W/8Ω) ●S/N比:100dB ●ダイナミックレンジ:100dB ●最大ヘッドホン出力:80mW + 80mW(32Ω) ●ヘッドホンインピーダンス:16Ω〜32Ω ●ヘッドホン周波数特性:10Hz〜40KHz(-0.5dB、50mW時16Ω負荷) ●ヘッドホン全高周波歪率:0.003%以下 (50mW/32Ω) ●ヘッドホン出力コネクタ:φ3.5ステレオミニジャック×1 ●デジタル入力:USB(Bタイプ、USBオーディオ2.0デバイス) (USB2.0 Hi-Speed, USB Audio Class 2.0規格) ●対応サンプリングレート :44.1、48、88.2、96、172.4、192KHz (自動検出) ●ビット長:16、24ビット ●外形寸法:123W×48H×127Dmm (突起部含まず) ●質量:約600g※本体のみ、付属品含まず

関連記事