オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「RSA-F1」の基板も展示

【CES】スペックのプリメインアンプ「RSA-F1」が海外初披露

季刊オーディオアクセサリー編集部・浅田陽介
2011年01月09日
米ラスベガスで開催されている「2011 International CES」では、数多くの日本ブランドの製品が展示されているが、今年はそこへ期待の日本ブランドであるスペックの製品が仲間入りを果たしている。

ブースは広々としたスイートルームに構えられ、ゆったりと試聴することができる環境となっている

今回スペックの製品が展示されているのは、パーツメーカーであるArizona Capacitors,Inc.のブース。スペックのアンプにこのArizona Capacitorsのコンデンサーが使用されていることから、今回展示の運びになったという。その高品位なサウンドは来場者の注目を確実に集めており、海外でも確実なスタートを切った印象だ。

Arizona Capacitors,Inc.のブースに展示されたスペックの「RSA-F1」

またArizona Capacitorsのオイルコンデンサーは、ミリタリーグレードで生産される非常に高品質なもので、これらのパーツは今後、スペックによる同社ブランドでの日本展開が決まっているという。今後ますます勢いをましていくだろう同社から、2011年も目が離せなくなりそうだ。

RSA-F1の基板を展示。Arizona CapacitorsのオイルコンデンサーにはSPEC CORPの文字が刻印されている

ミリタリーグレードで製造されているArizona Capacitorsのパーツ類

関連記事