オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
96/24対応のUSB入力も採用

ラックスマン、192/24bit対応のDAコンバーター「DA-200」を発売

ファイル・ウェブ編集部
2010年10月15日
ラックスマン(株)は、192kHz/24bit対応のDAC、およびアナログアンプ回路を搭載したDAコンバーター「DA-200」を11月に発売する。価格は税込で155,400円。


DA-200
本機はラックスマンのフォノイコライザーアンプ「E-200」、ヘッドホンアンプ「P-200」と同一サイズの、外形寸法364W×81H×279DmmとコンパクトなPCM方式のステレオDAコンバーター。本体にはUSB端子を搭載し、PCからのUSBデジタルオーディオ信号の入力にも対応する。DAC周辺回路、アナログ出力アンプには同社SACDプレーヤー「D-05」と同等の回路が搭載されている。他にも高品位なヘッドホンアンプ、可変レベル出力時に有効なプリアンプ回路も内蔵する。

デジタル入力は192kHz/24bit対応の同軸・光デジタル入力のほか、96kHz/24bit対応のUSB入力を備える。DACチップはラックスマン“Dシリーズ”に採用されているバーブラウン製「PCM1792A」を採用している。本体には同軸・光デジタル出力端子も搭載しており、USBを含むデジタル入力のオーディオ信号をスルー出力できるDDコンバーター機能も内蔵する。なお、PCとのUSB接続はWindows XP以降、Mac OS X以降の各OS標準ドライバーに対応する。

背面端子部

アナログ出力はRCA×1、XLR×1、ヘッドホン×1。アナログ入力はRCA×2。デジタル入力時には、本体内のバランス構成回路を経由して、高品位なXLRバランス出力が行える。デジタル入力は内蔵するサンプルレート・コンバーターによりアップサンプリング、およびクロックの低ジッター化を行うことができる。

筐体内部はラックスマン伝統のラウンドパターン配線基板や、スパイラルラップ・シールドの内部配線を採用。オリジナルのカスタムパーツもふんだんに用いられている。フロントパネルのインジケーターには、3ケタの7セグメントLEDによるサンプリング周波数が表示される。

本機の内部構造

本体にはノンツイスト構造のラックスマン標準電源ケーブル「JPA-10000」が付属する。

【問い合わせ先】
ラックスマン(株)
TEL/045-470-6991

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルD/Aコンバーター
  • ブランドLUXMAN
  • 型番DA-200
  • 発売日2010年11月
  • 価格¥155,400(税込)
【SPEC】●デジタル入力:USB、同軸、光 ●デジタル出力:同軸、光 ●アナログ入力:RCA×2 ●アナログ出力:RCA、XLR、ヘッドホン ●周波数特性:デジタル入力 2Hz〜45kHz(+0、-3.0dB)、アナログ入力 3Hz〜140kHz(+0、-3.0dB) ●全高調波歪率:デジタル入力 0.0009%(アンバランス)、0.0006%(バランス)、アナログ入力 0.003% (1kHz) ●SN比:デジタル入力 119dB、アナログ入力 103dB ●消費電力:11W ●外形寸法:364W×81H×279Dmm ●質量:5.1kg

関連記事