オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
長時間駆動も実現

オリンパス、低音の音質を改善したリニアPCMレコーダー「LS-11」を発売

Phile-web編集部
2009年08月19日

LS-11
オリンパスイメージング(株)は、リニアPCMレコーダーの新モデル「LS-11」を9月11日に発売する。価格はオープンだが5万円前後での販売が予想される。

2008年2月に発売したLS-10の後継機。内蔵メモリーを2GBから8GBに増やしたほか、SD/SDHCメモリーカードスロットも搭載し、長時間録音を可能にした。内蔵メモリーとSD/SDHCメモリーカード間のムーブやコピーにも対応している。

対応する音声フォーマットはリニアPCMフォーマット、WMA、MP3の3種類で、リニアPCMは最大96kHz/24ビットでの録音が可能。従来機種から低音域の周波数特性を改善し、内蔵マイクで60Hz〜20kHzの周波数特性を実現。「低音域から高音域までより原音に近い録音が可能」(同社)という。さらにリニアPCMモードで録音した音源は、レコーダー内でファイルの分割・部分消去が行える。

なお、内蔵マイクはアルミの削り出しで、高品位なマイクの性能を引き出すため、マイク筐体の大きさや開口部の形状にも気を配ったという。

同時に低消費電力化も図り、ニッケル水素充電池使用時で、従来機種より約40%アップの約22.5時間の録音が可能になった。

そのほか、内蔵マイクの指向性を切り替える指向特性制御技術「DVM」、サラウンド方式「EUPHONY MOBILE(ユーフォニーモバイル)」なども搭載。赤外線リモコンも同梱する。アプリケーションソフトも新開発の「Olympus Sonority Plus for Editors : MUSIC」を同梱し、無制限のマルチトラック編集や充実したサウンドエフェクト機能など、本格的な編集作業が行えるという。

【問い合わせ先】
オリンパスカスタマーサポートセンター
TEL/0120-084215
新着記事を見る
  • ジャンルその他
  • ブランドOLYMPUS
  • 型番LS-11
  • 発売日2009年9月11日
  • 価格¥OPEN(予想実売価格50,000円前後)
【SPEC】●記録・再生形式:リニアPCM形式(WAV)、MP3、WMA ●記録媒体:内蔵型フラッシュメモリー 8GB、SD/SDHCメモリーカード(最大32GB/別売) ●スピーカー:φ16mm丸型ダイナミックスピーカー内蔵 ●MICジャック:3.5mmインピーダンス2kΩ ●LINE INジャック:3.5mmインピーダンス約78kΩ ●EARジャック:3.5mmインピーダンス8Ω以上 ●実用最大出力:200mW+200mW(スピーカー8Ω) ●電源/電池:単3形アルカリ電池「LR6」2本、またはニッケル水素充電池2本(別売) ●外部電源:ACアダプター(DC-5V) ●対応OS(USB接続時):Microsoft Windows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.2.8〜10.5 ●外形寸法:48W×131.5H×22.4Dmm(最大突起部含まず) ●質量:165g(電池含む)

関連記事