「DS-51」には新色のレッドも追加

オリンパス、ICレコーダー“Voice-Trek”2機種をアップデート - LPCM録音が可能に

Phile-web編集部
2009年02月17日

DS-51-R
オリンパスイメージング(株)は、ボイスレコーダー“Voice-Trek”の「DS-61」と「DS-51」2機種について、リニアPCM録音が可能になるファームウェアアップデートを3月下旬より開始する。

アップデートにより、従来のWMAに加えてリニアPCMでの録音、および録音レベルのマニュアル設定が可能になる。これにより、発売当初からリニアPCMに対応していた「DS-71」に加えて、“Voice-Trek DSシリーズ”の3機種全てがリニアPCM対応となる。

リニアPCM形式での録音可能時間は、メモリー容量2GBモデルの「DS-61」で約3時間、容量1GBモデルの「DS-51」で約1時間25分。

アップデートは、公式サイトよりファームウェアをダウンロードし、コンピュータと製品を接続して行う。接続後、ダウンロードしたデータを起動することによりバージョンアップされる。

なお、同社では本日より「DS-51」に新色のレッドを追加。限定1万台で発売しており、こちらもアップデートの対象機種に含まれる。

【問い合わせ先】
オリンパス カスタマーサポートセンター
TEL/0120-084215

関連記事