オリンパス、同社初のリニアPCMレコーダーを発売

2008年01月10日

LS-10
オリンパスイメージング(株)は、同社初のリニアPCMレコーダー「LS-10」を2月7日より発売する。価格はオープンだが同社直販サイトでは49,800円(税込)で販売される。

本機は、ICレコーダー「Voice-Trekシリーズ」で培ってきた技術を集め、同社が初めて開発したリニアPCMレコーダー。非圧縮のリニアPCMフォーマットでの録音に対応し、生録などを手軽に楽しむことが可能となっている。リニアPCMは量子化ビットレート最大24ビット、サンプリング周波数96kHzに対応している。

録音が可能な音声フォーマットは、リニアPCM、MP3、WMAの3つ。2GBの内蔵メモリーを搭載するほか、SD/SDHCメモリーカードにも対応している。電源は単3形乾電池を使用。リニアPCM(16bit/44.1kHz)録音時は、ニッケル水素電池2本で最長16時間、アルカリ電池2本で最長12時間の電池寿命を実現している。


本体側面と背面
新開発したマイクは、アルミの削り出し筐体を採用し振動によるノイズの低減を実現。また、周波数特性や指向特性といったマイクの基本性能を最大限に引き出すため、マイク筐体の大きさや開口部の形状にもこだわった設計を採用している。本体の上部左右に配置したマイクユニットは、90度外側に向けて配置することで、自然で拡がりのあるステレオ感と中抜けのバランスがとれた高音質録音を可能にしているという。

またマイクアンプには、低ノイズ、低歪率のアンプ回路を左右に独立して搭載。チャンネル間の干渉を排除することにより、クリアな信号伝達が可能となり、高いS/N比を実現しているという。

本体背面には、16mm径の丸型ダイナミックスピーカーを搭載し、録音内容の確認などに使用可能だ。

【問い合わせ先】
オリンパスカスタマーサポートセンター
TEL/0120‐084215(フリーダイヤル)
TEL/042-642-7499(携帯・PHS)

(Phile-web編集部)
新着記事を見る
  • ブランドOLYMPUS
  • 型番LS-10
  • 発売日2008年2月7日
  • 価格¥OPEN(直販サイト価格49,800円)
【SPEC】●記録・再生形式:リニアPCM形式(WAV)、MP3、WMA ●ヘッドホン最大出力:3mW+3mW(16Ω負荷時) ●記録媒体:内蔵型フラッシュメモリー 2GB、SD/SDHCメモリーカード(最大8GB/別売) ●スピーカー:φ16mm丸型ダイナミックスピーカー×2内蔵(ステレオ) ●MICジャック:3.5mmインピーダンス2kΩ ●LINE INジャック:3.5mmインピーダンス約78kΩ ●EARジャック:3.5mmインピーダンス8Ω以上 ●実用最大出力:200mW+200mW(スピーカー8Ω) ●電源/電池:単3形アルカリ電池「LR6/ZR6」2本、またはニッケル水素充電池2本(別売) ●外部電源:ACアダプター(DC-5V)(別売/2008年春発売予定) ●対応OS(USB接続時):Microsoft Windows 2000/XP/Vista、Mac OS X 10.2.8〜10.5 ●外形寸法:48W×131.5H×22.4Dmm(最大突起部含まず) ●質量:165g(電池含む)

関連記事