オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ハイエンドショウトウキョウ2009スプリング 音元出版ブースイベント

TAD-R1にアキュフェーズの最新パワーアンプA-65を組み合わせた豪華システムが登場!

季刊・オーディオアクセサリー編集部/季刊analog編集部
2009年05月18日
「ハイエンドショウトウキョウ2009スプリング」が5月22日(金)から24日(日)までの3日間、有楽町の東京交通会館にて開催される。会場12階ダイヤモンドホール「Bルーム」の音元出版ブースでは、昨年に引き続き、音元出版主催の特別連続イベントが行われる。

今回も会場に登場するハイエンドスピーカー「TAD Reference One」(¥3,150,000・1台)

もうひとつ大きな話題となるであろうキュフェーズのステレオアンプA-65は、登場したばかりのモデルで、21日発売のオーディオアクセサリー133号で詳細がレポートされている

イベントの開催期間中は合計13もの講演の開催が予定されているが、初日のトップバッター(22日午後1時過ぎから)は、オーディオ評論家の藤岡誠氏が登場。話題の会場に常設されるリファレンスシステムの紹介を兼ねて、『TAD Reference Oneを高品位に鳴らす TAD-R1×アキュフェーズA-65』というイベントが開催される。

昨年春に行った藤岡 誠氏のハイエンドショウのイベントの様子。たくさんのファンが集まり大盛況だった。今回は、どんなソフトがデモされるのか? 楽しみにしていてほしい

今回のレファレンスシステムは、すでに音元出版ブースの顔とも呼べるTADのハイエンドスピーカー「TAD Reference One」を核とし、アキュフェーズのCD/SACDプレーヤー「DP-700」、プリアンプにはアキュフェーズの「C-2810」、パワーアンプにはアキュフェーズの「A-65」(2台)アナログプレーヤーには、ミッチェルの「GyroDec-UNV1」が用意される。

今回のこのイベントの大きな話題となるのは何といっても、アキュフェーズから登場したばかりの純A級ステレオパワーアンプA-65。このアンプを用意し、まずはシングルアンプで再生。そしてTAD-R1の能力をさらに引き出すためもう一台のA-65を使用しバイアンプで駆動しようというもの。果たしてその再生クオリティはいかに?

試聴ソフトは藤岡氏が選んだ多彩なディスクが用意されるが、2月に行われたA&VフェスタのTADラボブースでデモされ、その鮮度の高い音質が大きな話題となったTADラボが制作した特別ガラスCD「Dynamik」(非売品、HQCD仕様は発売中)も使用される予定となっている。

特別ガラスCD「Dynamik」

話題のモデルとソフトが楽しめる藤岡 誠氏の第1回目のイベント。ぜひお見逃しなく!

関連記事