オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<ハイエンドショウ:イベント>実演・福田屋 ケーブル&アクセサリーの効果を体感!

2008年05月09日
「ハイエンドショウトウキョウ2008スプリング」が本日より11日(日)までの3日間、有楽町の東京交通会館にて開催されている。会場12階ダイヤモンドホール「Bルーム」では、音元出版主催の特別イベントが開催中だ。

福田雅光氏

午後6時半からの開催にもかかわらず立ち見も出るほどの盛況ぶりだった

本日最後のイベント「実演・福田屋 ケーブル&アクセサリーの効果 Part.1」に講師として登場したのは、季刊・オーディオアクセサリーの連載でおなじみのオーディオ評論家、福田雅光氏。ケーブルやアクセサリー評価の第一人者である同氏が、機器を交換した際の実際の音の変化を説明するというものだ。

福田氏は、「私は常々、オーディオケーブルは生命線、電源ケーブルは運命線と言っていて、これらを軽視すると理想の音にたどり着けない。最近はケーブルがずいぶん安価になり、しかも性能も向上している。これらを効果的に使うことで音質の向上が期待できる」と説明。

試聴デモでは、自作の電源ケーブルやクリプトンの電源タップ「PB-200」、仏Real Cable社のオーディオケーブル、フルテックのカーボン電源プラグなどを文字通り取っ替え引っ替えし、アクセサリーを変える前後の音の違いを説明。来場者もケーブルによる音の変化を実感している様子がうかがえた。

スピーカーはTAD Reference One

様々な電源機器・ケーブル類を

福田氏はまた、「まずは電源まわりを調えると、効果的にあとのグレードアップが進められる。オーディオケーブルについては、信号の上流、つまりプレーヤーから徐々にアンプやスピーカーに近づいていくのが良い」とコメント。さらに、「しばらく機器の背面端子を見ていないという方もいらっしゃるかもしれないが、年に1回はケーブルを外してクリーニングを行うべき。それだけでも音が蘇るし、使い古したケーブルを新しいものに変えれば、最新の音を楽しむことができる」とアドバイスした。

なお、このイベントのPart.2が、最終日の11日(日)15時から開催される。ご興味のある方はぜひご参加いただきたい。

(Phile-web編集部)

関連記事