オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ

<TIAS2006:デノン>フラグシップモデルと話題の“CXシリーズ”を評論家と堪能

2006年10月20日
本日20日より3日間にわたり開催される「2006 東京インターナショナルオーディオショウ」。本項ではデノン・ブースの模様をお伝えする。

デノン・ブースでは、1時間おきに著名なオーディオ評論家が講演・試聴セミナーを行うという豪華な内容。各評論家は、ブースに用意されたデノン製品を自由にチョイスし、再生を行うという趣向だ。ブースには多くの来場者が訪れ、毎回人があふれ出してしまうほどの盛況ぶりだ。


用意された試聴機材

PMA-SA1(上)とDCD-SA1

デザイン性にも優れた“CXシリーズ”
試聴のメインは同社のフラグシップ機、SACDプレーヤー「DCD-SA1」とプリメインアンプ「PMA-SA1」。スピーカーはDALIの「Helicon 800」を用意している。合計200万円を超える豪華なシステムを体験できる絶好のチャンスだ。

さらに、先日発表になったばかりの“CXシリーズ”「PMA-CX3」「DCD-CX3」(関連ニュース)も用意。11月下旬の発売を控えたモデルだけに注目度も高い。同じく“CX”の型番を関したヨーロピアン・サウンド・スピーカーの新モデル「SC-CX303」(関連ニュース)と組み合わせた展示も行われている。


めったにお目にかかれないDP-100M

2,000台限定カートリッジ DL-103SA

ブースの壁にはコロンビアの名盤がズラリ
試聴機材として用意されたアナログプレーヤーにも注目が集まる。1981年に受注生産された90万円の高級プレーヤー「DP-100M」だ。これに、来年1月に発売予定の2,000台限定カートリッジ「DL-103SA」(関連ニュース)を組み合わせたハイエンドシステムで試聴を行う評論家もいるようだ。

明日(21日)以降も、オーディオアクセサリー誌でお馴染みの斎藤宏嗣氏や藤岡誠氏、福田雅光氏、石田善之氏らが講演・セミナーを行う予定なので、興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。

(Phile-web編集部)

TIAS2006report

関連記事