Follow us

レビュー

HOME > レビュー > レビュー記事一覧

2018年06月27日
米Qualcommのシニア・マネージャーに話を聞く

完全ワイヤレスイヤホンを次世代のレベルへ導く新技術、「Qualcomm TWS Plus」に迫る

山本 敦
  • Twitter
  • FaceBook

前のページ 1 2 3 次のページ

QCC5100を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが実現するもの

QCC5100は、左右独立型の完全ワイヤレスイヤホンが提供する体験をさらに向上させるため、アーキテクチャを根底から大きく見直したICチップだ。特にスマートフォンやポータブルオーディオプレーヤーなどの再生機器とペアリングした時の接続性が大きく向上する。

本チップは、2つの接続パターンで完全ワイヤレスイヤホンとつなぐことができる。ひとつは従来通りの接続方式で、プレーヤーから送られてきた信号を、マスターとなる左右片方のイヤホンで受信・デコードして、もう片方のスレーブ側となるイヤホンに信号をリレーする方法だ。技術名称は「Qualcomm TrueWireless Stereo」と呼ばれている。

「Legacy Mode」と表現されている従来からの接続方法「Qualcomm TrueWireless Stereo」

また、QCC5100は現行のICチップよりも受信感度が高く、スレーブ側に信号を送り出すパワーも向上しているというGampell氏。ゆえにSnapdragonの最新SoCを搭載していないスマホやiPhone、ウォークマンにテレビ、ノートPCなど、あらゆるBluetoothによる音楽再生が楽しめるデバイスと接続した場合に「音が切れにくく」「バッテリーが長持ちする」という。つまり快適なリスニング体験が得られることになる。

さらにバッテリーの持続性を高めるための機能として、完全ワイヤレスイヤホンのマスターとスレーブの役割をL/Rで適宜スイッチできる「ロールスワッピング」を搭載した。

これはスマホから信号を受信して、もう片側に絶えず信号を送り続けているマスター側のイヤホンから先にバッテリーが消費されてしまい、結果的にペアのイヤホンとして駆動限界が低く抑えられてしまう課題を解決する注目の機能だ。ロールスワッピングをどのタイミングで、自動・手動で行うのかも含めて仕様はイヤホンをつくるメーカーが決められるように設計されているという。

音声通話は左右のイヤホン間で信号の遅延が発生することなく、クリアなステレオ再生ができる「Voice in the Both Ears」の機能も実現した。CSR8675シリーズではマスター側のイヤホン(片側)だけでしか通話の音声が聞こえない仕様だったので、これでようやく多くの完全ワイヤレスイヤホンでより快適な音声通話ができるようになりそうだ。

左右独立接続の新方式「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」

そして今回、QCC5100のハイライトとなる接続方式が「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」だ。aptXコーデックに対応するSnapdragon 845シリーズを搭載する再生機器にペアリングすると、再生機器の側で先にL/Rの信号を分離してから、左右のイヤホンに独立した音声ストリームをダイレクトに送り出す新技術である。

この方式では各チャンネルの転送ビットレートを低く抑えられるため、信号伝送の安定性が上がり「音がより切れにくく」なる。左右イヤホンのバッテリーも理論的には均等なペースで消費されるため、駆動時の消費電力を下げることも可能になる。

新方式となる「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」。左右イヤホンに向けて個別に音楽ストリームを伝送

「ここで強調しておきたいことは、イヤホンのメーカーは“Snapdragon 845専用”の商品を作る必要がないということです。イヤホンの電源を入れると、スマートフォンに搭載されているSoCをQCC5100が自動で検知して、QTWS Plusともうひとつのアーキテクチャのどちらで動作するべきかを決定します」(Guy Gampell氏)。

再生機器に搭載されているSoCがSnapdragon 845シリーズ以外だった場合は、先述のトラディショナルなリレー方式の接続方法で動作する。最新鋭の「Qualcomm TrueWireless Stereo Plus」方式で接続されたことをユーザーに知らせるポップアップなどは画面に表示されるのだろうか。Gampell氏は「コンシューマーは常にベストな音楽体験を求めているはずなので、あえて接続方法を明示しなくても良いと今のところは考えている」と述べている。

筆者はクアルコムの先進技術をアピールするためと、ユーザーが接続の安定性が担保されていることの満足感が得られることも考えて、何かaptX HDで接続された時のようなポップアップが出てきてもいいと考える。

QCC5100を搭載した完全ワイヤレスイヤホンが登場する時期の見通しは?

前のページ 1 2 3 次のページ

関連リンク

関連記事

新着クローズアップ

クローズアップ

アクセスランキング

10/28 10:36 更新
1
NHK、受信契約でメールアドレスと電話番号も収集へ。規約変更案を公表
2
新MacBook Proのヘッドホン端子、出力に自信ありそうなので600Ωのヘッドホンが鳴るか試した
3
『攻殻機動隊 SAC_2045』コラボ完全ワイヤレス。草薙素子の音声ガイダンスを搭載
4
【完全ワイヤレスイヤホン大特集】音のプロが選んだベストバイ!VGPアワード金賞モデルを紹介
5
AVアンプはヤマハ“AVENTAGE”新製品群が好調な滑り出し <ホームシアター売れ筋ランキング9月>
6
ネットワークプレーヤーはエソテリック「N-05XD」が鋭い立ち上がり <ハイファイオーディオ売れ筋ランキング9月>
7
防災用の備蓄に「充電池」を避けたほうがいい理由
8
半導体大手クアルコムがなぜユーザー調査を行う?「The State of Sound」レポートの意義を探る
9
オーディオテクニカ、現代オーディオ向けの新ケーブルシリーズ「FLUAT」。設計思想から一新
10
2021年秋のサウンドバー特集!PART2は「3万円以上10万円未満」の厳選モデルを比較レビュー

マガジン定期購読なら発売日に毎号お手元にお届けいたします*

オーディオアクセサリー大全2022〜2023
書店売り雑誌
オーディオアクセサリー大全2022〜2023
詳しい内容・購入
analog vol.73
書店売り雑誌
analog vol.73
詳しい内容・購入
定期購読
ホームシアターファイルプラス vol.10
書店売り雑誌
ホームシアターファイルプラス vol.10
詳しい内容・購入
定期購読
オーディオアクセサリー182号
書店売り雑誌
オーディオアクセサリー182号
詳しい内容・購入
定期購読
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.16
書店売り雑誌
プレミアムヘッドホンガイドマガジン vol.16
詳しい内容・購入
プレミアムヘッドホンガイド Vol.26 2021 AUTUMN
フリーマガジン
プレミアムヘッドホンガイド Vol.26 2021 AUTUMN
詳しい内容
VGPお買い物ガイド
フリーマガジン
VGPお買い物ガイド
詳しい内容
デジタルカメラグランプリ受賞製品お買い物ガイド2021年冬版
フリーマガジン
デジタルカメラグランプリ受賞製品お買い物ガイド2021年冬版
詳しい内容

ウェブ

書店売り主要雑誌が月1,000円で読み放題!
無料体験はこちら

*地域や配達事情により、発売日より若干遅れる場合もございます。到着日は弊社販売部にお問い合わせください。