オープン型なのにノイキャン実現
2019年秋にドイツで開催されたIFAでは、たくさんの新製品が登場した。どれもインパクトの大きい製品ばかりだったが、中でも度肝を抜かれたのは、ファーウェイの完全ワイヤレスイヤホン「FreeBuds 3」だった。
[2019年11月09日]
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域【第238回】
毎年恒例「秋のヘッドフォン祭」が開催。FOSTER Alliance Programとフジヤエービックによる「自作イヤホン・ヘッドホンコンテスト」作品の展示&各賞発表も行われるなど、今回もマニアックな本イベントから、いつも通り勝手に高橋敦の超個人的ベスト5を紹介する。
[2019年11月07日]
「ブートレッグ・シリーズ」の第15作
ノーベル文学賞受賞後初となる来日公演が2020年4月に決まったのも大きな話題になっているボブ・ディランだが、発掘音源のリリースが止まらない。
[2019年11月06日]
新トランスポートメカニズム、ディスクリートDACを搭載
エソテリックの新しいトランスポートメカニズム「VRDS-ATLAS」とディスクリートDAC「Master Sound Discrete DAC」を搭載した、デジタルセパレートプレーヤー「Grandioso P1X/D1X」。フラグシップシリーズの威信をかけた最先端モデルを徹底レポートする。
[2019年11月06日]
【PR】40周年の節目に新たなステージに突入
ポータブルオーディオという文化を創りあげた開拓者。WALKMAN(ウォークマン)が40周年という節目の年に新たなステージに突入する。AI(人工知能)対応のDSEE HXで、ストリーミングもハイレゾ級の高音質で楽しめる注目機だ。
[2019年11月05日]
ブルーレイをHD再生
2DINサイズのスペースに取り付けられる、10V型ディスプレイのカーナビ「CN-F1X10BD」をレビューする。
[2019年11月04日]
[PR]エージングや装着感追い込みで印象が変わる
オーディオテクニカから登場した、世界初機構を採用したハイブリッド型イヤホン「ATH-IEX1」。評論家の岩井喬氏は同機を「フラグシップならではのストイックなモデル」と評する。エージングを重ね、装着感を追い込み、見えてきたそのサウンドの真価をレビューする。
[2019年11月01日]
【特別企画】高音質と先進機能が詰まった注目機
マランツから、プリメインアンプ「PM7000N」が10月31日に発売となった。マランツのHi-Fi製品としてのサウンドクオリティを備えつつ、ネットワーク/ストリーミング再生機能を内蔵した注目機だ。本機を、評論家の土方久明氏が自宅で使用。氏も「純粋なアンプとしての音質クオリティを強力に担保しつつ多彩なソースを楽しめる」と太鼓判を押すその実力を紐解いていこう。
[2019年11月01日]
音質やノイキャンなど様々な面を比べた
アップルの「AirPods Pro」が発売され、早くも品切れ状態になっている。ソニーの「WF-1000XM3」と比較しながら、AirPods Proがほかのイヤホンとどう違うのか、何が優れていて、欠点はどこにあるのかレビューしていきたい。
[2019年11月01日]
不満もあるが完成度は高い
Amazonの電子書籍リーダー「Kindle」とタブレット「Fire HD 10」に“キッズモデル”が登場し、本日10月30日から出荷開始された。一足先にこれらの端末を体験する機会を得たので、小学生と保育園児の子供を持つ編集部記者が“パパママ目線”でのレビューをお届けしたい。
[2019年10月31日]
【特別企画】「MC-3+USB」「REF10」のグレードアッププランを提案
MUTECのクロックジェネレーター「MC-3+USB」は、プロ用途で培われた1Gクロックテクノロジーを搭載し、ワードクロックの出力、USBリクロック、DDコンバーターの役割を持つ製品で、クロック入力を持たないUSB-DACでもクロックの恩恵を受けられる独自の機能が特徴である。また、REF10は、10MHzマスタークロックジェネレーターとして、10MHz入力を持つ多彩な機器へのクロック供給が可能。MC-3+USBが新たにRoon Testedとして正式対応したことを踏まえ、RoonならびにNucleusと組み合わせたグレードアッププランを提案する。
[2019年10月30日]
これを見ればAirPods Proが分かる
アップルの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」に、ノイズキャンセリング機能を搭載した上位モデル「AirPods Pro」が加わった。各機能の効果や使い勝手、音質についての印象を動画でレポートしたい。
[2019年10月29日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ