[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
あなたのお手持ちのイヤホン、Bluetooth対応にいたします!ということで今回は、Bluetoothケーブル&レシーバーをタイプ別にまとめて紹介いたします。それぞれの長所/短所を知り、ご自身の使い方に合わせた製品選びにお役立てれば幸いです。
[2018年11月17日]
ハイレゾ再生やNCなど、多彩な機能を扱える
Lightning専用イヤホンから一転、ケーブルの先端を交換することでUSB Type-Cにも対応したパイオニアのノイズキャンセリングイヤホン「RAYZ Pro」。専用アプリもリリースされたMacBook Proと接続し、山本敦氏が進化点をチェックした。
[2018年11月16日]
スイスを代表するスピーカーブランドのいま
数あるスピーカーブランドのなかでも、とりわけエレガントかつ豊かな音楽表現で高い人気を集めるスイスのスピーカーブランド、PIEGA。この5月、スイス・ホルゲンにある本社兼工場への訪問が実現! このページでは「ダイジェストバージョン」として皆様のお手元へ配布いたしました内容の完全版として、より詳細なレポートとしてお届けいたします。公開までいましばらくお待ち下さい。
[2018年11月16日]
キーマンが詳細を解説
去る9月29日、都内会議場のベルサール飯田橋駅前にて、クアルコムの開発した新たなBluetoothコーデック「aptX Adaptive」を解説するイベントが開催された。大勢の参加者にお集まりいただいたイベントの模様をお伝えする。
[2018年11月15日]
「撮ってから考える」ができる
中国Shenzhen Arashi Vision社から、“ジンバル級”の手ブレ補正を謳う全天球カメラ「Insta360 ONE X」が先月10月10に発売された。今回お借りする機会を頂けたのでレビューしたい。
[2018年11月15日]
<山本敦のAV進化論 第170回>
10月末に発売されたAmazonのスマートスピーカー「Echo Plus」と「Echo Dot」のリスニングレポートをお届けする。
[2018年11月14日]
フラグシップのノウハウを惜しみなく投入
フラグシップモデル「AVC-X8500H」や上位機種「AVC-X6500H」の技術基盤を投入した、デノンの9ch AVアンプ「AVR-X4500H」。鴻池賢三氏が、その力感と高S/Nを確認した。
[2018年11月13日]
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
左右完全独立ワイヤレスイヤホン、通称『TWS』が浸透してきた今、製品を選ぶにあたって知っておきたい基本的な知識から、2018年秋の“今”だからこそ気になるポイントをまとめて紹介していきます。
[2018年11月13日]
長時間テストで完成した万能セッティング
「『良いテレビ』が欲しいんだけど、オススメある?」と聞かれたら、2018年のイチ押しはREGZA Z720Xでキマりだ。BS/CS 4Kチューナーを他社に先駆けて内蔵。REGZA自慢の地デジ画質はもちろんのこと、タイムシフトマシンで全録までできちゃう、まさに“全部入り”テレビである。
[2018年11月12日]
【特別企画】オーディオ愛好家こそ聴くべきヘッドホン
ULTRASONE(ウルトラゾーン)の旗艦ヘッドホンシリーズ“Edition”の最新モデル「Edition 11」と、この秋から輸入が開始されたイタリアのアンプブランド「PATHOS」のヘッドホンアンプを組み合わせて、極上のプライベートリスニングを追究。オーディオファイルにこそ聴いていただきたいそのサウンドを、山之内正氏が分析した。
[2018年11月12日]
バイアンプ駆動の検証も
今回は、マランツのAVアンプ「NR1609」を用いて、AVアンプ導入に関する2つの心理的ハードル、「ステレオアンプに対して音質で劣る」と「AVアンプ=5.1ch以上のスピーカーが必須」という漠然としたイメージを払拭するための実験を行ってみたいと考えた。
[2018年11月10日]
[PR]高画質&高音質でより臨場感ある4K映像体験
ボーズからAmazon Alexa搭載のサウンドバー「BOSE SOUNDBAR 700/500」が登場。スリム&コンパクトな一体型のボディに、ボーズが誇る最先端の音響技術が詰め込まれた2モデルをレビュー。4K高画質映像により没入できる圧倒的サラウンドを徹底検証する。
[2018年11月09日]

前のページ 1 2 3 4 5 6 次のページ