HOME > レビュー

レビュー

2021年05月15日の更新情報

Wi-Fiにすぐ接続!「NFCタグ」にこんな活用法があった
【連載】ガジェットTIPS
スマートフォンをかざすと反応し、所定の動作を行うことができる「NFCタグ」。誘導磁界によって得た電力により動作するため電池/バッテリーは必要なく、適当な場所に貼るだけで準備OK。なかでもお勧めの使いかたが「Wi-Fiアクセスポイントの共有」。

2021年05月14日の更新情報

完全ワイヤレスイヤホンの「ゲームモード」、低遅延を実現できるのはなぜ?
【連載】ガジェットTIPS
性別や年齢層を問わず大人気の完全ワイヤレス(TWS)イヤホン。スマートフォンで音楽を聴くだけでなく、1人でネット動画を楽しむ目的で使う人も多いそうです。しかしゲームは...TWSイヤホンを含むBluetoothイヤホンには「遅延」という問題があり、ひと筋縄ではいきません。

攻めたギミック、納得の完成度!Astell&Kernのモジュール式DAP「A&futura SE180」レビュー
【特別企画】尖った機能性と堅実さを併せ持つ
DACとアンプを一体化した「モジュール交換」という攻めたギミックを搭載しつつもAstell & Kernブランドらしい堅実さをあわせ持つDAP「A&future SE180」。ハイエンドサウンドを長く楽しめる画期的なモデルの魅力を高橋敦氏がチェックした。

2021年05月13日の更新情報

Amazonで商品検索、こんな裏技で便利に!
【連載】ガジェットTIPS
デジタルガジェットから日用品まで、オンラインショッピングといえば「Amazon」。もちろんAmazonだけではありませんが、取り扱い商品の多さと強力な配送システム、会員制プログラム「Amazon Prime」の充実もあり、多くの消費者を引きつけています。

ゲームに“開放型”がメリット絶大!EPOSの高音質ヘッドセット「GSP 500/GAME ONE」レビュー
【PR】あえて開放型を選びたくなる
EPOSの開放型ゲーミングセット「GSP 500」「GAME ONE」を折原氏が体験。密閉型が多いデバイスであえての選択、その魅力をレビューしていく。

2021年05月12日の更新情報

新次元に進化した旗艦プリ「Grandioso C1X」。今後のエソテリックサウンドの方向性を示すモデル
【特別企画】リラックスした音の境地に到達
エソテリックのフラッグシップであるGrandiosoシリーズのプリアンプがバージョンアップし、“Xエディション”となった。ボリューム部の刷新をはじめ数々の改良が加えられ、さらなる完成度に至っている。今回はこの「Grandioso C1X」で、アナログ再生を実践したレポートをお届けしよう。

呼び覚ませ俺たちのリズムエモーション!8cmシングル比較試聴でTWO-MIX25周年BESTの進化を体感!
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域【特別企画】
1995年、TWO-MIXサウンドが鳴り響き始めたあの日から25年が過ぎ、2021年ベストアルバム発売!最新リマスタリングと高音質フォーマットで今蘇る!ということで今回は、当時の8cmシングルCDと比較しながらリマスタリング&ハイレゾの高音質音源の魅力に迫ります。

2021年05月11日の更新情報

iPhoneで遊べる新たな名作ゲーム『ファンタジアン』からApple Arcadeを始めよう
アップルTIPS
Apple Arcadeは月額600円から楽しめるアップルの定額制ゲームサービスだ。4月からこのApple Arcadeに加わった新作ロールプレイングゲーム(RPG)の『FANTASIAN(ファンタジアン)』が面白い。本作の第一部をクリアした筆者が、ファンタジアンから始めるApple Arcadeの楽しみ方をナビゲートしてみたい。

2021年05月10日の更新情報

“軽量かつリジッド”を徹底追求。オーディオラック「グランドタワー」はいかにして生まれたか?
【特別企画】自転車からヒントを得た独自のコーナージョイント
アンダンテラルゴの「リジッドテーブル」が誕生したのが2007年のこと。1台1台をオーダーメイドで製作し、オーディオラックの理想である「軽量・堅牢・コンパクト・制振」を初めて具現化した唯一無二のラックである。そして2019年には最高峰シリーズとして「グランドソロ」、さらに多段式の最高峰ラック「グランタワー」が登場した。林 正儀氏が、その開発経緯に迫るとともに、音質をレポートする。

2021年05月07日の更新情報

愛車を眺められる空間と4Kシアターを6畳に詰め込んだ本格派シアター!そのこだわりを徹底紹介
ホームシアターCHANNEL 連携企画
インストーラー、AV Kansaiの岩元秀明氏が担当した車好き垂涎のホームシアター専用室をご紹介。

2021年05月08日の更新情報

Wi-Fiの名前を隠す「ステルスSSID」は使わないほうが良い?
【連載】ガジェットTIPS
Wi-Fiアクセスポイントの識別名「SSID(Service Set Identifier)」。Wi-Fiルーターなどの機器に設定しておくと、SSIDとして設定した文字列が一斉送信(ブロードキャスト)され、通信圏内にあるデバイスに接続対象として認識させることが可能になります。かんたんにいえば、SSIDはWi-Fiルーターの名前で、パソコンやスマートフォンが接続を試みるための目印になるというわけです。

2021年05月07日の更新情報

テレビCMが「サラウンド」に対応しているってホント?
【連載】ガジェットTIPS
いわゆる「巣ごもり需要」か、サラウンドシステムを導入する家庭が増加中です。AVアンプにシアターバーなど手段はいろいろ、包み込まれるような広い音場感はサラウンドならでは。Blu-rayなどディスク再生のみならず、NetflixやAmazon Prime Videoといった動画配信サービス、テレビ放送もサラウンド番組を提供していますから、コンテンツ不足の心配はいりません。

2021年05月04日の更新情報

知識ゼロからの真空管アンプ選び。これだけ覚えればOK!
真空管の種類や働きを整理
ほのかに灯る光とともに、柔らかな響きが立ち上る——そんな時間を過ごさせてくれるのが真空管アンプです。……とは言ってみたものの、そもそも真空管アンプってどんな仕組みなの? ここではイチ、いやゼロから真空管アンプについて学び、アンプ選びに最低限必要な知識をまとめてみました。

2021年05月06日の更新情報

ノイキャンイヤホンで“ハウリング”が起きたらどうすればいい?
【連載】ガジェットTIPS
周囲の雑音/環境ノイズを取り除いてくれる「ノイズキャンセリングイヤホン」が大人気。ノイズキャンセリングといっても、環境ノイズが鼓膜に届かないよう物理的な遮断性能を高める「パッシブ方式」と、マイクで拾った音の逆位相の波形をぶつけて環境ノイズを打ち消す「アクティブ方式」という2種類の技術があり、両方の性能が揃わないと効果が出ないため、スペックだけでは判断できない部分があります。

2021年05月05日の更新情報

お風呂で使うスピーカー、選ぶときはこの機能をチェック!
【連載】ガジェットTIPS
週末はぬるめのお湯に長々浸かってリラックス、という人は多いはず。浸かっている間は瞑想するもよし、防水タイプのポータブルテレビを持ち込むもよし、楽しみかたは人それぞれ。当然、防水・防滴タイプのスピーカーで音楽を聴くというのもアリですよね。

2021年05月04日の更新情報

眠っている「引退スマホ」、こんな使い方で復活できるかも?
【連載】ガジェットTIPS
スマートフォンを機種変更するとき、これまで使ってきた端末をどうしていますか? 使用期間が1、2年であればそこそこの値段が付くにしても、それ以上経過していれば微々たるもの...だったら手もとに置いて何かに使おう、と考える人は多いはず。その何かが有用であれば、「引退スマホ」の浮かぶ瀬もあるというものです。

2021年05月02日の更新情報

今年は“特撮イヤー”、いちばん熱くなれる配信サービスはどれ?Amazon/Netflix/Huluを徹底比較
特撮好きがチェック
Amazonプライムビデオ、Hulu、Netflixといった大手定額映像配信サービスを「特撮作品」という観点で比較。連休中に特撮作品、いかがでしょうか?

2021年05月01日の更新情報

“開放型”でゲーム、余裕でアリ!EPOSの高音質ゲーミングヘッドセットがメリット絶大だった
【PR】「GSP 500」「GAME ONE」レビュー
EPOSの開放型ゲーミングセット「GSP 500」「GAME ONE」を折原氏が体験。密閉型が多いデバイスであえての選択、その魅力をレビューしていく。

「良い音は、正しいノイズ対策から」。デジタル時代の音質改善術を探る
【短期集中連載】ノイズ対策の新常識(1)ノイズ源を知ろう
オーディオを取り巻く環境は年々悪くなっている。特にノイズ関連だ。高周波のノイズが壁コンセントの電気に乗ってやってくるし、空中を飛び交う電磁波は増え続けている。電源や電磁波の高周波のノイズがオーディオ機器に働きかけて、再生音の足をひっぱっている。この連載では、なるべく費用のかからないやり方から、オーディオアクセサリーの投入まで、いろんな段階でのノイズ対策をお伝えしていこう。