HOME > レビュー

レビュー

2018年01月19日の更新情報

【第201回】これを読めばBluetoohの規格/用語/注目点が分かる! BTオーディオの基礎知識 2018
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
Bluetoothイヤホン/ヘッドホンが増加し人気を博している昨今、「Bluetoothって、バージョンとかコーデックとか色々あるけどよく分からない…」という方に向けて、「あっという間に仕様が読めちゃう!Bluetooth基礎用語辞典 2018」をお届けします。

2018年01月18日の更新情報

オプトマ「UHD60」レビュー。高輝度3,000lmでリビングシアターにも適した低価格な4K DLPプロジェクター
DLPデバイスによるホームシアター入門の新定番
オプトマから4K/HDR対応DLPプロジェクターの新モデル「UHD60」がリリースされた。実売30万円ながら、上位機譲りの4K UHDデバイスによるハイクオリティな4K映像表現と、明るさ3,000ルーメンの高輝度でリビングシアターにも最適な本機の実力を折原一也氏が検証した。

2018年01月17日の更新情報

待望の水樹奈々ハイレゾをCDと比較試聴! 名門ブランドのハイレゾ対応モデルでサウンドレビュー
AKG「K812」「N40」で試聴
1月17日より配信がスタートした水樹奈々『THE MUSEUM III』のハイレゾ版。そのサウンドを早速聴いてみた。

【測定】「iPhone X」の有機ELディスプレイを検証。テレビ調整の基準に使える驚異のクオリティ
画質に対する真摯な姿勢を実感
アップル初の有機ELディスプレイを搭載した最上位スマートフォン「iPhone X」。有機EL採用モデルが増える中、後発となる本機のディスプレイを測定し、アップルならではのアドバンテージを探る。

2018年01月15日の更新情報

スマートスピーカーは音質で選ぶ! オーディオメーカーの本格派4モデルを聴き比べる
<山本敦のAV進化論 第151回>
「音質」にも注目したいスマートスピーカーとしてオンキヨー「G3」「P3」、ソニー「LF-S50G」、JBL「LINK20」を集め、一挙にレビューする。

憧れの “AKGサウンド” をアンダー1.5万円の「N」イヤホンで始めよう
デュアルドライバーからノイズキャンセリングまで
世界屈指のプロフェッショナルオーディオブランド「AKG」。そのプレミアムライン「Nシリーズ」の中から、手頃な価格でハイクオリティサウンドを堪能させるコストパフォーマンスに優れたモデルを厳選。アンダー1.5万円で始めるAKGサウンドの世界を、山本 敦がナビゲートする。

2018年01月12日の更新情報

【第200回】ラズパイオーディオの新基準!AVIOTのケース&ボード「CASE 01」「DAC 01」を試す
[連載]高橋敦のオーディオ絶対領域
自作マインドをくすぐるシングルボードコンピューター「Raspberry Pi」。今回は新基準となる専用ケース&拡張ボードを試します。

2018年01月11日の更新情報

ChouCho「自分から溢れ出したものを形に」。最新アルバム『color of time』ハイレゾ試聴会レポート
ハイレゾ音源はmoraで先行配信中
アニソンシンガーChouChoの3rdアルバム『color of time』が、1月17日に発売となる。CDだけでなくハイレゾ配信も行われる本アルバムの発売を記念し、moraが主催のハイレゾ音源試聴会が1月10日に行われたので、その模様をレポートしたい。

2018年01月10日の更新情報

聴覚特性の個人差や好みを補正してくれるヘッドホン。「EVEN H2」を体験してみた
人それぞれの好みと聴覚差に合わせてくれる
人それぞれの聴覚特性を測定し、音質補正をかけてくれる”EarPrint”技術を持ったブランド「EVEN」が上陸した。どのように測定するのか、どれほどの効果があるのか、Bluetoothモデル「H2」で体験してみた。

<CES>パナソニックの最新4K有機ELテレビをレビュー。HDR10+の効果も体験
「EZ1000」から画質と音質を共に向上
パナソニックが2018 International CESで発表した4K有機ELテレビの最新モデルを現地でレビューした。

2018年01月05日の更新情報

<レビュー>JVC「EX-S55」を聴く ー ハイレゾ再生にも対応した“ウッドコーン”最新入門機
音質傾向をチェック
JVCの“ウッドコーンオーディオ”は、2003年にビクターのブランドから発売された初号機「EX-A1」以来のロングセラーだ。今回レビューするEX-S55は、6万円弱でオールインワンのシステムが揃う最新の入門機だ。

2017年12月30日の更新情報

JVCの新イヤホン「SOLIDEGE 02 inner」レビュー。上位機“01”とどう違う?
「バランス良いナチュラルな響きを持つイヤホン」
JVCの新定番『SOLIDEGE』シリーズから『01 inner』とその弟分『02 inner』が誕生した。“02”は上位機“01”とどう違うのか? その特徴や音質傾向を評論家の岩井喬氏がチェックした。

今こそ知っておきたい「DAC」の基礎知識(後編) ー オーディオメーカーによる“独自DAC”などを解説
ハイエンドオーディオにおけるオリジナルDACとは?
オーディオ評論家の山之内正氏が“DACとは何か?”を徹底解説。後編では、ハイエンドオーディオブランドが手がける独自のDACについて紹介していく。

2017年12月29日の更新情報

〈レビュー〉JVCの新機軸ハイレゾイヤホン「SOLIDEGE 01 inner」を聴く
評論家・岩井喬がチェック
JVCのイヤホンといえば“WOOD inner”が定番となっているが、もう一つの新たな個性を持つ定番を目指したモデルが誕生した。それが“SOLIDEG 01 inner”「HA-FD01」だ。

2017年12月28日の更新情報

アクセサリー銘機賞グランプリを受賞。サエクの旗艦ケーブル「STRATOSPHERE」を聴く
【特別企画】XR-1/SL-1/SP-10を試聴
サエクの旗艦ケーブル「STRATOSPHEREシリーズ」のラインケーブル「XR-1」「SL-1」とスピーカーケーブル「SP-10」を山之内 正氏の試聴室に導入して試聴した

Bluetooth人気の今こそ欲しいLightningイヤホン。5,000円から買えるラディウス新モデルを試す
【特別企画】遅延なし、バッテリー切れなし
イヤホンは空前のBluetoothブーム。だが、いざ使い始めてみると、定期的に充電が必要なことや、ゲームや動画で遅延が発生してしまうなど、いざという時に不便を感じた人もいるだろう。iPhoneをお使いであれば、そんな方へのもうひとつの選択肢としてLightning接続タイプのイヤホンをおすすめしたい。

2017年12月27日の更新情報

<年末特別企画>記事アクセスランキングで振り返る2017年。9月〜12月編
2017年のニュース記事をランキング形式でご紹介!月間アクセスランキングを基に編集部員2名が今年を振り返っていきます。

FOCALから待望のワイヤレスヘッドホン/イヤホン登場。「LISTEN/SPARK WIRELESS」を聴く
【特別企画】スピーカー技術を最適化して投入
フォーカルのワイヤレスヘッドホン/イヤホン「LISTEN WIRELESS」「SPARK WIRELESS」が、いよいよ本日27日より発売。オーディオで培った巧みな音作りと、ドライバーから自製するモノづくりへのこだわりを結実させたそのサウンドを、山本敦氏が分析した。

スマートスピーカーは自作できる! 3千円で買える「Google AIY Voice Kit」レビュー
ラズパイと合わせても1万円以下
今回レビューする「Google AIY Voice Kit」は、名刺サイズのシングルボードコンピュータ「Raspberry Pi 3」と組み合わせてスマートスピーカーを構築できるセミキット。日本では3千円台前半で販売されている。

2017年12月26日の更新情報

<年末特別企画>記事アクセスランキングで振り返る2017年。5月〜8月編
2017年も色々な話題があったオーディオビジュアル分野。そんな2017年をランキング形式でご紹介!月間アクセスランキングを基に編集部員2名が今年を振り返っていきます。1月〜4月を振り返った前回に続き、今回は5月〜8月のランキングをご紹介!

高画質ドライブレコーダーが運転にもたらすメリットとは? ケンウッド「DRV-830」を試す
WQHD記録に対応のケンウッド最上位ドラレコ
ドライブレコーダーへの社会的関心が高まる昨今、ケンウッドの最上位モデル「DRV-830」を評論家の会田肇氏が各機能や使い勝手をレビューした。

“完全ワイヤレスイヤホンの理想形” を突き詰めた第2世代モデル、EARIN「M-2」レビュー
MiGLOの導入で音ズレや左右の音切れ解消
「完全ワイヤレスイヤホンの理想形」を突き詰めた、EARIN渾身の第二世代モデル「M-2」をレビューする。

ラズパイ・オーディオにもぴったり! パナソニック「USBパワーコンディショナー」の効果、新旧の違い
海上忍のラズパイ・オーディオ通信(39)
ラズパイにおけるノイズ対策として、「USBパワーコンディショナー」を用いて、背面のUSBポートへ挿すことで簡単にできるノイズ除去の効果をレビューする。

ハイクオリティなスピーカー修理に定評、オーディオラボオガワの女性マイスターを訪ねた
全国から信頼集める「オガワの修理」
山形県の日本海側、鶴岡の街にあるオーディオラボオガワのスピーカー修理工房は、スピーカー愛用者にとって聖地のような場所である。オガワの修理を称賛するヴィンテージスピーカー・ユーザーは後を絶たず、修理依頼は個人からはもちろん、全国の販売店や商社などいまや100社を超す。

2017年12月25日の更新情報

<年末特別企画>記事アクセスランキングで振り返る2017年。1月〜4月編
政治経済やスポーツ、芸能に負けず劣らず、今年2017年もオーディオビジュアル分野には色々な話題がありました。そんな2017年のニュース記事をランキング形式でご紹介!月間アクセスランキングを基に編集部員2名が今年を振り返っていきます。

19,800円でこの音質 ー Cambridge AudioのCD&プリメイン「CD5/AM5」を聴く
【特別企画】英国ブランドならではの音作り
英国を代表するオーディオブランドのひとつであるケンブリッジオーディオが手がける、エントリークラスののCDプレーヤー「CD5」とプリメインアンプ「AM5」をレビュー。驚くべきコスパを備える両機を、大橋伸太郎氏が分析した。

ネット動画もスマホアプリも手軽に大画面! エプソン“dreamio”「EH-TW5650」で実現
映像調整で好みのバランスを楽しめる
エプソンのフルHDプロジェクター「EH-TW5650」で、Blu-rayや映像配信サービスを大画面で視聴した。

2017年12月23日の更新情報

マランツ「SR8012」の7.1chアナログ入力を、OPPO「UDP-205」と組み合わせて検証
“全ch Hi-Fiクオリティ”を掲げるAVアンプ
マランツ「SR8012」は、アナログマルチch入力を備える現在では数少ないAVアンプだ。本機に、話題のUHD BDプレーヤー OPPO「UDP-205」のアナログマルチch出力を組み合わせて、その音質をチェックした。