Bluetooth 5.0対応

アンカー、Bluetooth非対応機器をワイヤレス化する「Anker Soundsync」。一台で送信/受信両対応

編集部:小野佳希
2018年06月15日
アンカー・ジャパンは、Bluetooth非対応のオーディオ機器をBluetooth対応にするトランスミッター&レシーバー「Anker Soundsync」を発売した。価格は3,999円(税込)。Amazonでは初日のみ500個限定で20%オフの3,199円(税込)で販売する。

Anker Soundsync

一台でトランスミッター(送信機)とレシーバー(受信機)の両方の機能を装備。テレビやオーディオプレーヤーに本機を接続してBluetoothヘッドホンに音声を送信したり、コンポなどに本機を接続してスマートフォンなどからの音楽を受信して再生するなどといったことができる。なお、トランスミッター/レシーバーの両モードとも、最大2台の機器と接続可能。

トランスミッターとレシーバーのどちらとしても利用可能

Bluetooth 5.0に対応。安定した接続性能(最大10m)とBluetooth 4.2の約2倍となるデータ転送スピードを実現したとしている。また、CSR BC8675チップを搭載することで、高音質のサウンドを遅延なく届けられると説明している。

AUXケーブル、RCAケーブル、光ケーブルで外部機器と接続可能で、各ケーブルを同梱。バッテリー性能はトランスミッターモードで最大25時間、レシーバーモードで最大17時間の再生が行える(※ともにAUX接続の場合)。

関連リンク

関連記事