日本初披露モデルも

「ヘッドフォン祭」いよいよ今週末開催!いち早く新製品が試せる各ブース情報まとめ

編集部:押野 由宇
2019年04月22日
いよいよ、「春のヘッドフォン祭2019」の開催が、今週4月27日(土)-28日(日)に迫った。

会場は東京・中野サンプラザ。6F/11F/13F/14F/15Fと広いスペースを使っても、なお収まりきらないほど多くのブースが出展する。別記事にて「イベント内イベント」についてまとめたが(関連記事)、今回はこの数々のブースから登場する注目モデルについてまとめていきたい。各ブースの配置図はこちら

6F

まず6Fには、トップウイングがルーム:ウインドにて新製品発表会など多数の催しを両日に渡って実施する。またゼンハイザーは今年、ゲーミング関連に力を入れた展示を行うことが特徴だ。2日目にはプロゲーミングチームを招いたトーク&対戦イベントを開催するが、ブース(ルーム:ムーン)では常時「GSP600」などゲーミングモデルが展示される予定となっている。

ゼンハイザーは「GSP600」などゲーミングモデルも用意

エミライは同社が取り扱う各ブランドをロビー部にて展示。FiiOの新ヘッドホンアンプ「BTR1K」(関連ニュース)など新製品が聴けることを期待したい。オーディオテクニカ(ルーム:バード)やタイムロード(ルーム:フラワー)からも、歴代の銘機やハイエンドモデルなどを出展される予定。

またSTAXは、新発売のイヤースピーカー「SR-L500MK2」「L700MK2」(関連ニュース)について、開発者がその開発秘話を明かすトークイベントを、4月28日12:00より実施する。テレビ出演もして注目されるSTAXの新製品について、深く知ることができる機会だ。

STAXの静電型ヘッドホン新モデル「SR-L700 MK2」

11F

ルーム:ブロッサムでは完実電気が取り扱う数々のブランドを中心とした展示が行われる。MASTER & DYNAMICの完全ワイヤレスイヤホン「MW07」の新色 “White Marble” や限定カラー “Cherry Blossom” などのバリエーションに、Etymotic Researchの新モデル「ER2SE」「ER2XR」(関連ニュース)、SOL REPUBLICのファブリック素材採用Bluetoothイヤホン「SHADOW FUSION」(関連ニュース)など、製品展開が豊富な同社だけに何が登場するのか楽しみだ。

また、同ルームではフォステクスもブースを用意するが、春頃発売予定として開発が進められている完全ワイヤレスイヤホン「TM2」(関連ニュース)の出展はあるだろうか? 期待したい。

ルーム:アネモでも多数のブランドがブースを展開する。ナイコムは取り扱いが発表されたばかり新ブランドStealth Sonicsの展示を実施(関連ニュース)。ヒビノは4月27日発売となるAKGのスタジオモニターヘッドホン各種を揃える予定だ。またWAGNUS.の「Twilight Sheep “Ltd”」が特設販売会場にて6本限定で販売されるというのも見逃せない。

Stealth Sonicsの9ドライバー・ハイブリッドイヤホン「U9」

Just earは先日発表されたLiSAコラボモデル「XJE-MH/L1SA」(関連ニュース)を展示予定。またソニーは6Fチャペルにて、ソニーヘッドホンの音作り40年についてトークイベントを実施することがフジヤエービックより発表されている。

Just earはLiSAコラボモデル「XJE-MH/L1SA」を展示予定

ロビーではearsopenやmoshi、VECLOSなどのブランドがブースにてイヤホン関連製品の展示を行うほか、MHaudioはイヤホン&ヘッドホン用のリスニング音源として制作される「HPL」をデモ。またOkasonicやTriphonic、AudiFillといったブランドが小型スピーカーシステムの展示を実施する。

13F

13Fにおいては、まずルーム:スカイに設置されるフジヤエービック販売特設会場に大注目。27日11:00 - 18:00、28日10:30 - 16:00の両日ともに開催される目玉セールだが、今年は2日目がお得との情報もある。購入希望の場合は1Fにて整理感を受け取る必要があるので、これはというアイテムを逃さないためにも、遅れないようにしたい。

ルーム:コスモにも数々のブランドがブースを用意する。Meze Audioから4月26日発売となるハイブリッド型イヤホンのハイエンドモデル「RAI PENTA」(関連ニュース)や、Westoneのユニバーサルインイヤーイヤホン「Wシリーズ(リファインモデル)」「Bシリーズ」「BluetoothケーブルV2」(関連ニュース)がいち早く体験できる。ラックスマンは「OSECHI BOX」やFOCAL「STELLIA」などを展示予定。

Meze Audioのハイブリッド型イヤホン「RAI PENTA」

ミックスウェーブはFaudioの純正イヤーチップの来場者プレゼントキャンペーンを実施。ボーカルラインが聴こえやすくなる「FA Vocal」と楽器の音にフォーカスした「FA Instrunet」の2種類のイヤーチップをプレゼントするほか、配布されたイヤーチップのパッケージ裏面右上に記載されている番号にて抽選を行い、当選者には同ブランドのダイナミック型ドライバー搭載イヤホン「Passion」が当たるというダブルプレゼントキャンペーンとなっている。

ロビーではMusic With 規格外が、1970年代中心のヴィンテージコンデンサータイプヘッドホン多数するという注目の催しものを実施。ゼンハイザー「HD414X」という “昭和発売モデル” と「HD414Classic」という “平成発売モデル” を比較試聴できることが発表されている。またカナルワークスから3ウェイ・4ドライバー構成のカスタムイヤーモニター「CW-L32GRV」など4月27日発売開始の製品各種が早速試せるようになっている(関連ニュース)。

ゼンハイザーの “昭和発売モデル” 「HD414X」が聴ける貴重な展示

14F

14Fは大きく2つのブースに分かれる。ルーム:クレセントではデノンが新製品「AH-GC25W」(関連ニュース)の発売前先行試聴を実施。発売されたばかりの「AH-GC30」と比較試聴が行えるように両モデルが用意される予定だ。また “孟宗竹” 使用の「AH-D9200」に “アメリカンウォールナット” 使用の「AH-D7200」、 “ゼブラウッド” 使用の「AH-D5200」といった “リアルウッドシリーズ” も比較試聴できる。

「AH-GC25W」(写真)と「AH-GC30」の比較試聴が可能

さらにディーアンドエムホールディングスのブースでは、KIMBER KABLEのハイエンドケーブル「AXIOS」シリーズをデノンのヘッドホンと組み合わせるなどして比較試聴できるようになる。HIFIMANは、先日発表された静電型ヘッドホンシステム「Jade II」(関連ニュース)や、フラグシップDAP「R2R2000」のジュニアモデル(関連ニュース)を出展する。国内では初披露というそのサウンドに期待が集まる。

HIFIMANの静電型ヘッドホンシステム「Jade II」

ロビーにはあのHUAWEIが出展する。ヘッドフォン祭での出展内容としては同社スマートフォンのサウンドや、高音質コーデック「HWA」についての展開が気になるところだ。JVCケンウッドやオンキヨー&パイオニア、Cayinなどの常連ブランドももちろん出展するため、幅広い製品を一気に聴き比べできるだろう。

15F

そして15Fだが、ルーム:リーフには6Fでイベントを実施するトップウイングが試聴専用ブースを用意。また、こちらもオーディオセミナーやスペシャルライブなどイベントを多数実施予定のORBが、ルーム:アクアでブースを展開する。ルーム:フォレストでは現在フォスター電機がアライアンス「FOSTER Alliance Program」の取り組みについて発表されることが告知されているが、同ルームは「Powered by FitEar」と記載されているため、ほかにも何かイベントが実施される可能性も考えられる。

ルーム:エトワールにはクリエイティブメディアが「Super X-Fi」技術搭載モデルにてヘッドフォン祭に初参戦(関連ニュース)。CROSSZONEの “頭外定位ヘッドホン” 新モデル「CZ-10」の出展にも期待が寄せられる。また売れ筋ランキングでも人気のTAGO STUDIOの出展にも注目。

クリエイティブが「Super X-Fi」製品でヘッドフォン祭に登場

ロビーでは七福神商事やCHIKYU-SEKAIといった多数ブランドを取り扱うブランドがブースを構えるほか、DELAのデジタルミュージックライブラリー製品を活用したオーディオシステムと愛用のイヤホン/ヘッドホンとの組み合わせによる試聴も可能だ。

春のヘッドフォン祭2019
日時:
4月27日(土)11:00〜19:00
4月28日(日)10:30〜18:00
会場:中野サンプラザ 6・11・13・14・15階ほか
東京都中野区中野4-1-1
*JR中央線・総武線 中野駅 北口(1分)、東西線 中野駅 北口(1分)

関連記事