装着感も向上

スタックス、リケーブルに対応した“アドバンスド・ラムダシリーズ” 静電型ヘッドホン「SR-L700 MK2/SR-L500 MK2」

編集部:成藤 正宣
2019年04月19日
STAXは、同社イヤースピーカー(コンデンサー型ヘッドホン)“アドバンスド・ラムダシリーズ”の新製品として、リケーブル対応モデル「SR-L700 MK2」「SR-L500 MK2」を、6月より発売する。

・「SR-L700 MK2」:148,000円(税抜)
・「SR-L500 MK2」:75,000円(税抜)

「SR-L700 MK2」

「SR-L500 MK2」

2015年に発売した、新設計の発音ユニットとエンクロージャー採用のイヤースピーカー「SR-L700 /SR-L500」の後継となる製品(関連ニュース)。近年の高品質ヘッドホンのトレンドであるケーブル脱着機構を搭載し、メンテナンス性の向上や、将来的な高品位ケーブルへのアップグレードに対応した。

リケーブルに対応

また、エンクロージャーを保持するケースホルダー部はアルミ製の新デザインを採用。従来モデルの直線的な形状から緩やかなカーブを描く形状に変更したことで剛性が向上し、さらにイヤーパッドがより自然に側頭部に密着するようになった。これにより、低域再現力も大きく高まるという。

エンクロージャーを支持するケースホルダー部も新規形状とした

上位モデルのSR-L700 MK2では、付属ケーブルとして6N(純度99.9999%)OFCと銀メッキ軟銅線を用いた平行6芯幅広低用量ケーブルを採用。同社のフラグシップイヤースピーカー「SR-009S」(関連ニュース)に同梱されているものと同等のケーブルで、音の鮮度を失わない確実な信号伝送を実現するという。

発音ユニットには、熱拡散結合技術を用いて製造する新世代の多層固定電極「MLER(Multi Layer Electrodes)」を搭載。板厚をより薄くしながら、平面性と低共振性、高い音波透過率を実現する。イヤーパッドは肌の触れる部分に通気性の良い羊革、エンクロージャーへの取付部に人工皮革を採用。適度な弾力性をもつクッション材を組み合わせている。

SR-L700 MK2では、多層固定電極MLERを採用することで高音質化を図った

再生周波数帯域は7Hz〜41kHz、音圧感度は101dB/100Vrms。本体質量は約371g。

SR-L500 MK2は、付属ケーブルに日立金属(株)のHiFC導体を用いた幅広平行型ケーブルを採用。発音ユニットは厳選された高品質極薄フィルムとステンレス製電極を搭載し、重厚で張りのある低域から繊細な高域まで高解像度を実現するとしている。イヤーパッドには装着感を重視した人工皮革を採用する。

SR-L500 MK2の発音ユニットには、極薄フィルムとステンレス電極を組み合わせる

再生周波数帯域は7Hz〜41kHz、音圧感度は101dB/100Vrms。本体質量は約351g。

関連リンク

関連記事