Bluetooth 5.0採用、aptX LLにも対応

SOL REPUBLIC、独自ニット素材を採用したネックバンド型Bluetoothイヤホン「SHADOW FUSION」

編集部:川田菜月
2019年03月04日
完実電気は、同社が取り扱うSOL REPUBLICより、ネックバンド部に独自のフレックニット・ファブリック素材を採用したBluetoothイヤホン「SHADOW FUSION」を3月14日から発売する。価格はオープンだが、14,990円前後での実売が想定される。

「SHADOW FUSION」

従来モデル「SHADOW WIRELESS」をベースに、SHADOW FUSIONでは独自のファブリックラッピング技術を用いて、ネックバンド部にスポーツやフィットネス用アパレルから着想を得たという、100%ポリエステル製のフレックニット・ファブリックを採用。軽量かつ折り曲げも可能で、ポケットやバッグなどにコンパクトに収納ができる。

ネックバンドの左側には電源とコントロールボタンを装備。音楽再生/停止、曲送り/曲戻し、音量調整、通話などの操作ができる。カラーはブラック/ブルー/グレーの3色を用意する。

φ9.2mmドライバーを搭載し、リッチな低音再生と明瞭なサウンドを実現するとのこと。またハウジング部にはマグネットを内蔵し、音楽再生を使用しない時には左右のイヤホンをくっつけてネックレスのように装着も可能。IPX5の防水性能を備え、汗水に強くトレーニング時などにも使用できるとしている。

IPX5の防水性能を備え、汗水に強くトレーニング時などにも使用できる

Bluetoothのバージョンは5.0。コーデックはSBC/AAC/aptX/aptX LLをサポートする。約1時間の充電で、約10時間の連続再生ができる。また急速充電にも対応しており、約15分の充電で約3時間の音楽再生も可能だ。

再生周波数帯域は20Hz - 20kHz、インピーダンスは16Ω。質量は約32g。4サイズのイヤーチップと充電用USB Type-Cケーブル(長さ約62cm)、またイヤホン本体カラーに合わせたニットファブリックを採用するキャリングポーチを付属する。

関連記事