Bluetoothレシーバー「μBTR」も

FiiO、イヤホンをワイヤレス化できる小型ポタアン「BTR1K」

編集部:小野佳希
2019年04月16日
エミライは、有線イヤホンや各種オーディオ機器をワイヤレス化できるFiiO製のポータブルBluetoothヘッドホンアンプ「BTR1K」と、Bluetoothレシーバー「μBTR」を4月23日に発売する。本日4月16日より予約受付を開始した。「BTR1K」は6,700円前後、「μBTR」は3,600円前後での実売が予想される。

BTR1K

なお「μBTR」はブラックとホワイトの2色を用意し、ホワイトモデルを上記4月23日に発売。ブラックモデルは5月31日の発売となる。

μBTR

ブラックモデルは5月31日発売

両製品とも、スマートフォンとBluetooth接続することで、有線タイプのイヤホン・ヘッドホンをBluetooth対応させることが可能。「BTR1K」はUSB接続(USB type-C)によるUSB DAC機能にも対応している。USB DAC機能利用時にはドライバのインストールが不要で、プラグ&プレイで音楽を楽しめる。

■Bluetoothヘッドホンアンプ「BTR1K」

その「BTR1K」は、BluetoothレシーバーにQualcomm製「QCC 3005」を採用し、Bluetooth 5.0およびSBC/AAC/apt X/apt X LLコーデックに対応。入力されているコーデックの種類を、点滅/点灯しているライトの色や状態によって判別できるインジケーターも備えている。

また、NFCによるワンタッチペアリングにも対応。32ステップと細かい音量調節も実現している。さらに、iOSデバイスとペアリングした場合には、ウィジェット上にBTR1Kのバッテリー残量が表示されるほか、BTR1KのマルチファンクションボタンをダブルクリックしてSiriを呼び出すことができる。

Androidデバイスとの接続においては、Bluetooth Fast Pair機能に対応。BTR1Kのマルチファンクションボタンを長押しして、Androidデバイス上の通知をタップするだけで瞬時にペアリングを行える。

DACチップには、ポータブル機器向けヘッドホンアンプ内蔵小型DACとしては業界最高水準となる、THD+N=-107dB、SNR=125dBを達成する旭化成エレクトロニクス製DACチップ「AK4376A」を採用。

同社では、「QCC 3005」と「AK4376A」の採用によって動作アルゴリズムの最適化にコストを投入することができたと説明。その結果、BTR1Kは2uV以下という極めて低いノイズフロアと120dBという非常に高いS/N比、さらに50%の出力上昇を達成したとし、「これらの技術的なブレークスルーにより、BTR1Kは音楽の微細なニュアンスやディテールを余すところなく伝える」とアピールしている。

205mAhの内蔵バッテリーを搭載し、1.5時間のフル充電で8時間(AACコーデック使用時)の連続再生が可能。待機時間もさらに向上し、140時間へと伸びた。

Qualcomm製cVCノイズキャンセル技術対応マイクを内蔵し、BTR1K経由での通話も可能。自動的にマイクの集音性能を調整するとともに、バックグラウンドノイズを抑制し、クリアで聴き取りやすい通話が可能だとしている。

■Bluetoothレシーバー「μBTR」

「μBTR」は、BluetoothレシーバーにQualcomm製「CSR8645」を採用し、Bluetooth 4.1に対応するモデル。コーデックは上記「BTR1K」がaptX LLまで対応するのに対し、本機はSBC/AAC/aptXまで。その分手頃な価格となっている。

ヘッドホンアンプ部にはテキサスインスツルメンツ社製の「TPA6132A2」を使用。また、独立したローカル音量コントロール機能を備えており、Bluetoothデバイスの音量とμBTR自身の音量の両方を別々に調整することができる。

120mAhのバッテリーを内蔵し、1時間の充電で最長9時間連続での音楽再生が可能。充電用のUSB端子にはUSB Type-Cを採用している。

NFCによるワンタッチペアリングにも対応。iOSデバイスとの接続時には本機のメインボタンをダブルクリックしてSiriを呼び出すことができる。

最大2台までBluetoothデバイスとペアリングすることが可能。そのほか高感度無指向性マイクを内蔵し、本機を通じてペアリングしたスマートフォンでの通話を行うことができる。

関連記事