2018年01月20日の更新情報

『DEVILMAN crybaby』BD BOXが5月30日発売。特典にサントラCDやアートワーク集など
店舗別特典ではレコードも
Netflixオリジナルアニメ『DEVILMAN crybaby』のBlu-ray BOXが5月30日に発売。

2018年01月19日の更新情報

上坂すみれ&小倉唯の“アストロガールズ”イヤホン購入特典イベントでレコードプレゼント企画
オリジナル曲を収録
デノンの公式広報キャラクター“アストロガールズ”をフィーチャーした特別仕様のイヤホン「AH-C620R アストロガールズ・スペシャルエディション」について、購入特典イベントの抽選申し込み期限が延長となった。

オンキヨー、アニメ『NEW GAME!!』とコラボしたBTイヤホン。“PECO”衣装の青葉&コウの描き下ろしイラストカードが付属
パッケージもゲームBOX風に
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、アニメ『NEW GAME!!』とオンキヨーブランドのBluetoothイヤホンとのコラボモデル「E200BT PECO」を、期間限定で予約販売する。

上海問屋、HDSS技術で立体音響にも対応する4500円のハイレゾイヤホン
HDSS技術のコアとなるETLモジュールを搭載
ドスパラは、HDSS技術によって映画やVRアプリなどのコンテンツを立体音響で楽しめるというイヤホン「DN-915211」を上海問屋で発売した。価格は4,500円(税込)。

「ゆるキャン△」OPの亜咲花『SHINY DAYS』がmora総合シングルランキング1位に
配信開始1日で
MAGES.は、音源配信サイトmoraにて、亜咲花の新シングル『SHINY DAYS』が総合シングルランキングで1位を獲得したことを発表した。

NOBUNAGA Lab、4,500円を切るMMXCバランスリケーブル
「TR-SE2 BALANCE」
WiseTechは、NOBUNAGA Labsブランドより、SHURE MMCX対応の低価格帯スペアケーブル「TR-SE2 BALANCE」を1月26日から発売する。オープン価格だが4,450円前後での実売が予想される。

ラディウス、IPX7防水対応で新開発ドライバー搭載のBluetoothイヤホン「HP-G100BT」
aptXにも対応
ラディウスは、IPX7の防水性能を備えたBluetoothイヤホン「HP-G100BT」を1月24日に発売する。

【参加者募集・プレゼントあり】高コスパ 4K/HDR DLPプロジェクター、BenQ「HT2550」体験イベント
2月9日(金)夜に秋葉原にて開催
DLPプロジェクターとしては国内初の4K対応モデルや、“アイケア”に配慮した液晶ディスプレイなどで注目を集めるBenQから、現在もっともコンパクトかつ軽量、さらに価格も20万円前後とお手頃なホームシアター向け4K/DLPプロジェクター「HT2550」が登場! ファイルウェブではBenQと共同し、本機の魅力をいち早く体験できるイベントを、2月9日(金)に東京・秋葉原にて開催いたします。

Astell&Kern、「AK70 MKII」に日本限定カラーモデル『Marine Blue/Sunshine Red』各600台限定
専用レザーケースや128GB MicroSDカードが特典に
アユートは、同社が取り扱うAstell&Kernのハイレゾポータブプレーヤー「AK70 MKII」の日本限定カラーモデル『AK70 MKII Marine Blue/Sunshine Red』の2機種を、各色600台の限定生産で2月3日から発売する。価格はオープンだが、直販サイト価格は89,980円(税込)。

2018年01月18日の更新情報

テックウインド、8K映像の編集・再生に対応した業務用サーバー
想定価格は500万円
テックウインドは、Blackmagic Design社の映像編集・カラーグレーディングソフトウェア「DaVinci Resolve Studio」を用いての8K・4K映像の編集・再生に対応したサーバーを発売する。

ドラクエ初のハイレゾ配信、「ドラゴンクエストXI」交響組曲が1月24日発売
収録はCDと同じく19曲
『交響組曲「ドラゴンクエストXI」過ぎ去りし時を求めて すぎやまこういち』が1月24日にハイレゾで配信される。

パイオニア、干物妹コラボの「うまるーんヘッドホン」。うまるだらけのオリジナルデザイン
特典はLPサイズのポスター
オンキヨー&パイオニアイノベーションズは、パイオニアブランドのヘッドホン「SE-MJ722T」とTVアニメ『干物妹!うまるちゃんR』との公式コラボレーションモデルの予約販売を実施する。

PC版ニコニコ動画、一般会員でも1080p動画の投稿が可能に
さらなる機能改善も予定
ドワンゴは、ニコニコ動画において一般会員からの1080p動画投稿に対応したことを発表した。

NHK、平昌五輪を8Kパブリックビューイング
8K試験放送でのオンエアも
NHKは、2月9日から韓国で開催されるピョンチャンオリンピックを8KスーパーハイビジョンでOBSと共同制作。スーパーハイビジョンの試験放送で放送するほか、日本国内5会場でパブリックビューイングを実施する。

JAPANNEXT、HDCP2.2対応の55型ワイド4K液晶モニター「JN-VT5500UHD」
4K動画配信も楽しめる
JAPANNEXTは、HDCP2.2対応の55型ワイド4K液晶モニター「JN-VT5500UHD」を1月31日から発売する。価格はオープンだが、89,970円前後での実売が想定される。なお本日1月18日から31日までの間は、直販サイトにて発売前モニター特価69,970円(税込)で販売される。

2017年の「日本ブルーレイ大賞」受賞作品11タイトルが決定
グランプリは2月21日に発表
デジタル・エンターテイメント・グループ・ジャパンは、2017年に発売されたブルーレイソフトの中で最も優れた作品を表彰する、第10回「日本ブルーレイ大賞」の受賞作品を発表した。

Tronsmart、2,489円の防水/apt-X対応Bluetoothイヤホン「Tronsmart Flair」
IP56相当
Tronsmart(トロンスマート)は、aptX対応の防水ワイヤレスイヤホン「Tronsmart Flair」を、1月18日に発売した。価格は2,489円(税込)。

NuForce、人気のハイレゾイヤホン入門機にダイナミックドライバー搭載モデル「HEM Dynamic」
新チューニングで迫力あるサウンドを実現
バリュートレードは、同社が取り扱うOptoma / NuForceより、ダイナミックドライバー搭載のハイレゾ対応イヤホン「HEM Dynamic」を1月19日から発売する。価格は12,880円(税抜)。

ラトック、同軸・光デジタル入力を光・同軸出力へ変換するアダプター
96kHz/24bitまで対応
ラトックシステムは、光デジタル→同軸デジタル、および同軸デジタル→光デジタルのD/D変換ができるアダプター「RS-OPTXCOA2」を1月下旬に発売する。

Kalafinaコラボのウォークマンとヘッドホン、期間限定発売
オリジナルデザインを刻印
ソニーは、Kalafina(カラフィナ)とコラボレーションした「ウォークマン NW-A45HN」とヘッドホン「h.ear on 2 Wireless NC」を3月30日(金)10時までの期間限定で販売する。

Amazon EchoのAlexaスキルが450以上に増加。最も使われているのはradiko.jp
2位はピカチュウトーク
Amazonは、昨年11月に販売開始したスマートスピーカー「Echo」シリーズで使えるAlexaスキルについて、2017年12月の人気ランキングを発表した。

JVC、初の完全ワイヤレスイヤホン「HA‐ET900BT」。スポーツ向け、紛失や破損補償も
3点支持構造で装着性を向上
JVCケンウッドは、JVCブランドのスポーツヘッドホン“AE”シリーズより、同社初の完全ワイヤレスイヤホン「HA‐ET900BT」を2月上旬より発売する。価格はオープンだが、15,000円前後での実売が想定される。

アワード「VGP」審査員交代のお知らせ
1987年創設のアワード「VGP」の審査会におきまして、創設以来30年、永く審査委員長を務められました貝山知弘氏のご逝去にともない、審査委員長ならびに審査員の交代をお知らせいたします。

2018年01月17日の更新情報

スマートクロージングに繊維メーカーが本腰、網膜走査ディスプレイも体験可能な「ウェアラブルEXPO」
エプソンはMOVERIOのソリューションをアピール
本日1月17日から19日まで、東京ビッグサイトで開催している「第4回 ウェアラブルEXPO」。本項では、ウェアラブルディスプレイやスマートクロージング、その他の展示内容について紹介していく。

アバック、デノンAVアンプ「AVC-X8500H」試聴会を全国15会場で開催
6ch分のトップスピーカーを用意
アバックは、デノンの13chアンプ内蔵フラグシップAVアンプ「AVC-C8500H」の試聴会を、全国13都道府県/15会場で開催する。

自動運転やジェスチャー操作など、クルマの未来が一堂に。「オートモーティブ ワールド」レポート
約1,100社が出展
自動車業界における最新技術が集結する「オートモーティブ ワールド」の模様をレポートする。

2018年01月18日の更新情報

1本でAndroidTV/GoogleCast/Wi-Fiルーターになるスティック端末「Air Stick 4K」。4K HDR/aptX HD対応
CCC AIR直販サイトとe☆イヤホン各店で販売
CCC AIR(株)は、1台でAndroidTV/GoogleCast/Wi-Fiルーターになるスティック端末「Air Stick」の新モデルとして、4K HDRおよびaptX HD対応モデル「Air Stick 4K」を本日1月18日から発売する。

2018年01月17日の更新情報

帽子型スピーカーや40kHzまで出る“耳をふさがない”イヤホン。ウェアラブルEXPOに新モデル続々
骨伝導でクリアな音質を実現
本日1月17日から19日まで、東京ビッグサイトで開催している「第4回 ウェアラブルEXPO」。本項では、骨伝導を使ったものなど、イヤホンやヘッドホン関連の展示内容を紹介していく。

AUDEZE、密閉型平面駆動ヘッドホン簡易パッケージモデル「LCD-XC Music Creator Special」
1月中旬から発売
(株)アスクは、米AUDEZEの平面駆動型ヘッドホン「LCD-XC」の簡易パッケージモデル「LCD-XC Music Creator Special」を数量限定で1月中旬から発売する。価格はオープンだが、164,800円前後での実売が想定される。

メガネスーパーが作ったウェアラブルディスプレイ「b.g.」を装着した。10万円台前半で5月頃発売へ
まずはB2Bからスタート
本日1月17日から19日まで、東京ビッグサイトで開催している「第4回 ウェアラブルEXPO」。本項ではメガネスーパーが展示していた、メガネ型のウェアラブルディスプレイ「b.g.」についてレポートする。

オンキヨー、ハイレゾスマホ「GRANBEAT」を機能強化アップデート
HOLDキーのカスタマイズ機能追加など
オンキヨーは、ハイレゾ対応スマートフォン“GRANBEAT(グランビート)”「DP-CMX1」をアップデート。HOLDキーのカスタマイズ機能などを追加する最新ファームウェアの提供を開始した。

アイ・オー、8K/4K動画撮影を想定した高速転送対応microSDカード「MSDU23シリーズ」
Nintendo Swichにも対応
アイ・オー・データ機器は、8K/4K動画撮影にも最適なUHS-IIおよびUHS スピードクラス3対応のmicroSDカード「MSDU23シリーズ」を2月上旬から発売する。

デノン、13ch/約1600W出力の “モンスター級” AVアンプ「AVC-X8500H」。HDMI 2.1やAlexaにも対応予定
AVアンプとして世界初のアトモス 7.1.6に対応
デノンは、13chアンプを内蔵、最大13.2chプロセッシングに対応したフラグシップAVアンプ「AVC-C8500H」を2月中旬より発売する。

『グランブルーファンタジー』コラボヘッドホン、サイゲームス公式オンラインストアとLoppiで予約開始
録り下ろし音声ガイダンス収録、SSレア武器のシリアルコードを封入
Cygamesは、自社で開発・運営するソーシャルゲーム『グランブルーファンタジー』と、デノンとのコラボヘッドホン「Denon AH-GC20 グランブルーファンタジー スペシャルエディション」の発売を発表した。発売は5月30日で、価格は35,640円(税込)。

2018年01月16日の更新情報

ゼンハイザーのゲーミングヘッドセットが「ファイナルファンタジーXV」推奨周辺機器に認定
「GSP 300」「GSP 350」の2モデル
ゼンハイザージャパンは、同社がラインナップするゲーミング用ヘッドセット「GSP 300」「GSP 350」が、『ファイナルファンタジーXV WINDOWS EDITION』のプレイにおいて、スクウェア・エニックスが動作の確認を行った推奨周辺機器として認定されたことを発表した。

エム・エス・シー、iPhone XやiPhone 8などの高速充電に対応したQiワイヤレス充電器
Galaxyなどにももちろん対応
エム・エス・シーは、ワイヤレス給電規格「Qi(チー)」に対応し、iPhone 8/8 Plus、iPhone X 向けに最適化されたデザインを採用するなどした充電パッド「EA1702」を1月18日に発売する。ホワイトとブラックの2色を用意し、価格は5,880円(税抜)。

エレコム、最長30mの長尺HIGH SPEED with Ethernet認証済みHDMIケーブル
4モデルをラインナップ
エレコムは、信号ロスを抑える工夫をすることで長距離伝送を可能にし、最長30mモデルもラインナップするHIGH SPEED with Ethernet認証済みのHDMIケーブル4モデルを1月下旬より発売する。

テレビ見逃し配信サービス「TVer」、PC/スマホだけでなくテレビでも視聴可能に
Android TV向けアプリを期間限定提供
テレビ番組見逃し配信サービス「TVer(ティーバー)」は、テレビ画面からも同サービスを利用できるようにするアプリ「TVer androidTVテスト版」を3月31日までの期間限定で提供開始した。

ソニー、ポータブル/据え置き両対応でICレコーダーとしても使えるラジオレコーダー
内蔵メモリー増量で新たにワイドFMにも対応
ソニーは、付属のクレードルスピーカーによってポータブルでも据え置きでも使用できるFM/AMラジオレコーダー「ICZ-R110」を1月27日に発売する。オープン価格だが21,000円前後での実売が予想される。

東芝、Wカセットで高速ダビングが可能なCDラジカセ「TY-CDW99」
8cmスピーカーと高出力アンプを搭載
東芝エルイートレーディングは、 3W+3Wのスピーカーを搭載したCDラジオカセットレコーダーの新製品「TY-CDW99」を1月中旬から発売する。

JVC、クワッドプルーフビデオカメラ“Everio R” 2Kモデルに4.5時間連続撮影可能な「GZ-RX680」「GZ-R480」
Wi-Fiの有無と内蔵メモリー容量が違い
JVCケンウッドは、QUAD PROOF機能を備えたビデオカメラ“Everio R”シリーズの新モデルとして、連続4.5時間撮影に対応するなどした「GZ-RX680」「GZ-R480」の2モデルを2月中旬に発売する。GZ-RX680は7万円前後、GZ-R480は6万円前後での実売が予想される。

JVC、防水/防塵/耐衝撃/耐低温の4Kビデオカメラ“Everio R”「GZ-RY980」
同社家庭用ビデオカメラ初の4Kモデル
JVCケンウッドは、同社家庭用ビデオカメラ“Everio”(エブリオ)シリーズ初の4K撮影対応モデル“Everio R”「GZ‐RY980」を2月中旬に発売する。オープン価格だが10万円前後での実売が予想される。

エレコム、1眼レンズで酔いにくいVRゴーグル。スタンダード型と折りたたみ型
VR酔いしにくい
エレコム(株)は、スマホを装着してVR/ARを楽しむゴーグル型グラス2製品を1月下旬に発売する。視差のない1眼レンズタイプを採用しているため、VR酔いしにくいのが特徴。

Audiofly、人気イヤホンをBluetooth化した「AF56W」「AF45W」。aptXにも対応
IPX4準拠
ローランド(株)は、豪Audiofly(オーディオフライ)の新製品として、Bluetoothイヤホン「AF56W」「AF45W」の2機種を1月20日に発売する。

<CES>今年が正念場? Amazon VS Google、音声アシスタント戦争のゆくえ
アップルの動きにも注目
今年のCES全体を見渡すと、音声アシスタント関連の発表や対応機器が予想以上に目立っていた。そのほとんどが「Amazon Alexa」と「Googleアシスタント」のどちらか、あるいは両方に対応していた。

2018年01月15日の更新情報

パナソニックからスピーカー搭載シーリングライト。音楽やテレビ音声を天井から
「AIR PANEL LED THE SOUND」
パナソニック(株)は、Bluetooth対応スピーカーを一体化したLEDシーリングライト「 AIR PANEL LED THE SOUND 」を2月21日に発売する。

ケンウッド、フルHD/HDR対応のエントリードライブレコーダー「DRV-230」
デュアルコーン方式のスピーカーユニットも発売
社JVCケンウッドは、ケンウッドブランドのドライブレコーダーの新ラインアップとして「DRV-230」を2月上旬より発売する。

<CES>「HDR10+」と「ドルビービジョン」、次に “来る” のは? 両規格の現状をまとめた
HDR10の実質的な上位規格
HDR10+とドルビービジョンという2つのフォーマットについて、CES 2018会場での発表を踏まえて考えたい。

ソニー、テレビの前に置きやすいスリム形状のサウンドバー「HT-S200F/100F」
人の声を聴き取りやすいモードも搭載
ソニーは、テレビ前に手軽に置きやすいサイズを追求したスリムなサウンドバー「HT-S200F」、「HT-S100F」の2モデルを発売する。

Yell Acoustic、Bluetooth 5対応で接続性を高めた完全ワイヤレスイヤホン「WINGS」
7mm径ドライバーを搭載
ロア・インターナショナルは、同社が取り扱うYell Acousticの完全ワイヤレスイヤホン「WINGS」を、本日1月15日より発売する。価格は9,800円(税込)。

2018年01月14日の更新情報

<CES>クアルコム担当者に聞いた、「完全ワイヤレスイヤホンに革命をもたらす新チップ」とは
完全ワイヤレスイヤホンのための新SoC「QCC5100」発表
クアルコムは2018年のCES開催に合わせ、ワイヤレスイヤホンなどのポータブルオーディオ機器の利便性を向上させる新しいBluetoothオーディオのためのSoCを発表。米クアルコムで同技術を担当するプロダクトマーケティング シニア・ディレクターのクリス・ハーヴェル氏を訪ね、新SoCが実現した革新の内容と、これからのワイヤレスオーディオの音質やハンドリングの向上にどのような役割を果たすことになるのかを聞いた。

2018年01月13日の更新情報

細かすぎて伝わらない(かもしれない)Ultra HD Blu-ray バージョン 3.2の仕様変更
メニューのチラつき問題を抑制
Ultra HD Blu-ray規格のマイナー更新版、バージョン3.2が規格化され、昨年末に公開された。HDR10+をサポートしていることはもちろん、細かなアップデートも行われている。

過去記事一覧