ヘッドホン各モデルやヘッドマウントディスプレイも体験可能

<音展>ソニー、新AVアンプ「DA5800ES」をユーザーに初披露 − 多彩な製品群を複数会場でアピール

ファイル・ウェブ編集部
2012年10月19日
本日10月19日(金)から21日(日)まで開催される「オーディオ・ホームシアター展 2012(音展)」。ソニーは例年と同じく秋葉原UDXアキバスクエアと富士ソフトアキバプラザの両会場にブースを複数構え、幅広い製品群をアピールしている。

■新AVアンプ「TA-DA5800ES」が一般ユーザーに初お目見え

富士ソフト会場にはAVアンプやプロジェクターのデモを行うシアタールーム、そして「SS-AR2」などスピーカーのデモを行うオーディオルームという2部屋を展開。

デモ開始直前には開場待ちの列ができていた

シアタールームでは主に、「TA-DA5800ES」「STR-DN2030」というAVアンプ新製品、そして4K対応の「VPL-VW1000ES」と「VPL-HW50ES」といったSXRDプロジェクターを展示。AVアンプとプロジェクターのデモを交代で行っている。特に「TA-DA5800ES」は「おそらく一般ユーザーの方の前でのデモは初めて」(同社スタッフ)とのことで、新製品をいち早く体験できる貴重な場だとも言える。

TA-DA5800ES

VPL-VW1000ES

デモコンテンツの再生には、こちらも新製品のBDレコーダー「BDZ-EX3000」を使用。そのほかシステムにはSACDプレーヤー「SCD-XA5400ES」、スピーカーに「SS-NA2ES」「SS-NA5ES」、サブウーファーに「SA-NA9ES」を用意していた。

VPL-HW50ES

スピーカーは「SS-NA2ES」などを使用

そしてオーディオルームでは、フロアスタンディングの「SS-AR2」「SS-AR1」「SS-NA5ES」「SS-NA2ES」といったスピーカー群を交代でデモ。プレーヤーに「SCD-DR1」、アンプに「TA-DR1a」を使用して音出しを行っている。

素の状態のエンクロージャーも展示

SS-AR2


各モデルとも様々な賞を受賞していることもアピール

■「MDR-1」を始めとしたヘッドホン/イヤホン各製品を試聴可能

秋葉原UDX会場には、ヘッドホン/イヤホンの展示スペースを用意。「MDR-1シリーズ」やBAイヤホン「XBAシリーズ」、そして「EXTRA BASSシリーズ」の各モデルがズラリと並んでいる。

MDR-1R

ヘッドホン/イヤホンの新製品は各モデルとも試聴可能

さらに、同社初のポータブルヘッドホンアンプ「PHA-1」、そしてヘッドマウントディスプレイ「HMZ-T2」も用意。もちろん各製品とも実際に来場者が音や映像を確認することができる。

「PHA-1」も体験できる

HMZ-T2

また、ヘッドホンスペースとは別にPCMレコーダーの紹介スペースも展開。「PCM-D50」「PCM-M10」2機種の紹介を行っている。

「PCM-M10」などPCMレコーダーの紹介ブースも展開

関連記事