サイドウッドパネル部分をウォールナット天然突板仕上げに変更

JBL、創立75周年記念プリメインアンプのレギュラーモデル「SA750WAL」

2022/12/01 編集部:伴 修二郎
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ハーマンインターナショナルは、JBL創立75周年記念モデルの第2弾として限定発売したプリメインアンプ「SA750」のレギュラーモデル「SA750WAL」を12月より発売する。価格は418,000円(税込)。

「SA750WAL」

昨秋に全世界限定生産にて発売されたプリメインアンプ「SA750」のレギュラーモデル化が決定した。レギュラー化に伴い、サイドウッドパネル部分が従来のチーク天然木仕上げから、多くのJBLスピーカーに採用するウォールナット天然突板仕上げに一新されている。

サイドウッドパネル部分がウォールナット天然突板仕上げに

基本仕様はSA750と同一。本体の上下と左右に方向性の異なるツートーンのヘアライン仕上げが象徴的なアルミ削り出しフェイスパネルに、ボリューム、バランス、入力切り替えの3つの大型ノブと、電源、ミュート、フォノ切り替えなどの5つのスイッチレバー、2連の琥珀色のディスプレイを装備する。

アルミ削り出しフェイスパネル

フェイスパネルには3.5mm Aux入力と3.5mmヘッドホン出力を装備。リアパネルにはMM/MCフォノ入力を含む5つのアナログ入力と4つのデジタル入力を備え、あらゆるオーディオソースに対応する。将来的なシステム拡張を見据えたプリアウトも装備する。

電源オン時に赤からオレンジに色を変えるJBL創成期のエクスクラメーション・マーク型パワーインジケーターや立ち上がりまでディスプレイを左右に流れる“!”マークなど、JBLファンの心理をくすぐる“遊び心”も満載。

インターネットを介しての音楽ストリーミング、互換性のあるデバイスとローカルネットワーク接続することで、AirPlay2やChromecastを介してのストリーミング再生が可能。Wi-Fi機能を搭載し、音楽管理ソフト「Roon」のエンドポイントとしても機能する「Roon Ready」もサポートする。

両チャンネル駆動時130W@8Ω/200W@4Ωの出力を持つ高効率のクラスGアンプを採用。低出力領域では低電圧電源によるクラスAのパフォーマンスを提供し、より要求の厳しいダイナミクスのために大出力クラスABアンプを動作させる高い電圧と電流共有能力を備えるトロイダルトランスによる大容量電源を装備している。

付属の専用リモコンによる操作に加え、アプリやIP制御によるスマートホームの統合コントロールも容易に行えるとしている。また、ルームチューニング機能として、スピーカーの出力をリスニングスペースに合わせて最適化できる「Dirac Live」を搭載。ネットワーク接続されたPC経由で帯域レベル補正を行うためのキャリブレーションマイクも付属する。

周波数特性は、20Hz〜20kHz ±0.2dB(アナログ入力)/±0.1dB(デジタル入力)、入力インピーダンスは10kΩ、最大入力は4.8Vrms、THD+ノイズは0.002%、S/N比は112dB(100W 入力2.1V)。電源は90-110V、50-60Hz、消費電力は最大800W、スタンバイ時0.5W。外形寸法は449W×127H×327Dmm(足、つまみ、突起部含む)、質量は12.5kg。

端子部分イメージ

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク