「オーディオ銘機賞2023」の “三賞” 受賞モデルも特別価格で提供

マックスオーディオ主催「第36回オーディオ&ビジュアルフェアー」11/25 - 27に開催

2022/11/21 編集部:松永達矢
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
マックスオーディオが主催する西日本最大級のオーディオ展示即売会、「第36回オーディオ&ヴィジュアルフェアー」が、11月25日(金)から27日(日)の3日間にわたり開催される。会場はアジア太平洋インポートマート(福岡県北九州市)AIM 3Fの特設会場。入場は無料。

「第36回オーディオ&ビジュアルフェアー」

今回のショウには、本日発表された「オーディオ銘機賞2023」より受賞製品が多数登場する。また、金賞を受賞したアキュフェーズ「A-300」、ラックスマン「PD-191A」、エソテリック「Grandioso T1」などの注目製品がフェア特別価格で提供される。

USED品や展示品はフェア限定の特別価格で提供。CDソフト、LPソフトは2枚購入で5%オフ、3枚購入で10%オフの割引セールを実施する。

26日(土)と27日(日)には、オーディオ評論家の傅信幸氏の講演会を開催。マックスオーディオのYouTubeチャンネル「オーディオ変ドリクス」にて配信も予定しており、準備中の様子や講演の模様などを配信するという。


なお、新型コロナウイルス対策として、受付にてマスクの着用や検温、アルコール消毒、ソーシャルディスタンスの保持や小さな声での会話への協力を来場者に呼び掛けている。各部屋は定期的に換気を行い、万全の対策を施した上でショウを開催する。

イベントの出展メーカーは以下の通り
RoomA アキュフェーズ、ラックスマン、エソテリック、スペック、協同電子エンジニアリング、ディーアンドエムホールディングス、ヤマハミュージックジャパン
RoomB サエクコマース、メルコシンクレッツ、ステラ、ゼファン、リジェール、オルトフォンジャパン、スフォルツァート
RoomC タクトシュトック、タイムロード、リンジャパン、フューレンコーディネート、アーク・ジョイア、ノア、KEF JAPAN
RoomD アッカ、テクニカルオーディオデバイセズラボラトリーズ、ナスペック、エイ・アンド・エム、ハーマンインターナショナル、エレクトリ、シーエスフィールド
RoomE ディーアンドエムホールディングス、JVCケンウッド、ソニーマーケティング、ヤマハミュージックジャパン
RoomF アイレックス、ファルコンラボ、パナソニック、デンソーテン、ラックスマン、ディーアンドエムホールディングス、完実電気、エミライ、トライオード、ソニーマーケティング、ネットワークジャパン、前園サウンドラボ、小柳出電気商会、エイム電子、関口機械販売、オルトフォンジャパン

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク