トップモデル「702 S3」で約114万円/ペア

B&W、“700シリーズ”を5年ぶり刷新した「700 S3」。上位機種の技術を踏襲、よりスリムな設計に

2022/09/21 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
英Bowers&Wilkins(以下B&W)は、同社の「700シリーズ」スピーカーラインナップを一新。「702 S3」「703 S3」「704 S3」のフロア型スピーカー3機種と、「705 S3」「706 S3」「707 S3」のブックシェルフスピーカー3機種、「HTM71 S3」「HTM72 S3」のセンタースピーカー2機種を発表した。

B&Wのセカンドトップライン「700シリーズ」が登場

2017年に「700 S2シリーズ」が登場して以来、5年ぶりの刷新となる。仕上げはグロス・ブラック、サテン・ホワイト、ローズナットに加え、新たに「モカ」をラインナップする。9月下旬発売で、ローズナット仕上げのみAPACエリア限定カラーとして12月発売。価格は以下の通り(すべて税込)。

左から「702 S3」「703 S3」「704 S3」「705 S3」「706 S3」「707 S3」。702と704、705に、B&Wならではのトップトゥイーターが搭載される

左からグロス・ブラック、サテン・ホワイト、モカ、ローズナット

フロアスタンディング型スピーカー
3ウェイ・バスレフ型
702 S3 1,139,600円(ペア/グロス・ブラック)
702 S3 1,089,000円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)
703 S3 990,000円(ペア/グロス・ブラック)
703 S3 946,000円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)
704 S3 664,400円(ペア/グロス・ブラック)
704 S3 638,000円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)

ブックシェルフ型スピーカー
705 S3 563,200円(ペア/グロス・ブラック)
705 S3 539,000円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)
706 S3 368,280円(ペア/グロス・ブラック)
706 S3 352,000円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)
707 S3 293,000円(ペア/グロス・ブラック)
707 S3 281,600円(ペア/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)

センタースピーカー
HTM71 S3 414,700円(1台/グロス・ブラック)
HTM71 S3 397,100円(1台/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)
HTM72 S3 253,000円(1台/グロス・ブラック)
HTM72 S3 242,000円(1台/サテン・ホワイト、モカ、ローズナット)

センタースピーカーとなる「HTM71 S3」(上)と「HTM72 S3」(下)。HTM71にもトップトゥイーターが搭載される

2017年の「700シリーズ」登場以来5年ぶりの刷新となり、昨年発表されたフラグシップライン「800 D4シリーズ」の技術を多く取り入れたモデルとなっている。

800シリーズでも採用される独自の流線型形状の「トゥイーター・オン・トップ」を700シリーズにも搭載

B&Wの輸入に長く関わってきた澤田龍一氏が、新たな「700 S3シリーズ」の技術を解説。前シリーズからの変更点としては、フロントバッフルがカーブ形状になり、ドライバーがキャビネットから少し前に飛び出す形となっているほか、磁気回路やシャーシ、クロスオーバー回路などもアップグレードされているという。

700シリーズに搭載されるネットワーク回路

トゥイーターは、800 D4シリーズで搭載されたカーボンドーム・トゥイーターをベースに、700シリーズに合わせ長さは少し短くなっている。また本体への取り付けについても800 D4シリーズを踏襲し、前後の可動域を増しているという。

フロントバッフルがゆるいカーブ形状となっている

トゥイーターは800シリーズよりは少し短くなっている

「703 S3」とセンタースピーカー「HTM71 S3」は、新たに本体から分離されたトゥイーター・オン・トップの形状となった。この結果、「702 S3」「703 S3」「705 S3」「HTM71 S3」がトゥイーターが分離したかたちに、「704 S3」「706 S3」「707 S3」「HTM72 S3」がワンボックスタイプのスピーカーとなる。

新カラー「モカ」仕上げ

ローズナット仕上げはアジア圏で人気が高いということで、日本を含むAPACエリアでのみ展開

フロア型モデルに搭載されるミッドレンジは前作に続き150mmのコンティニュアム・コーンFSTミッドレンジだが、800シリーズで導入された「バイオミメティック・サスペンション」を本シリーズにも採用。ウーファーは165mmエアロフォイル・プロファイル・バスで、「702 S3」にはウーファー3基、「703 S3」「704 S3」にはウーファー2基搭載される。

ミッドレンジの「バイオミメティック・サスペンション」も採用

トップモデルとなる「702 S3」については、バスレフポートをスピーカー底面に設置することで、ポート長をこれまでより長い60cm程度確保されているという。また、ブックシェルフ型のトップモデルとなる「705 S3」についても、L型ダクトが新たに搭載され、これまで筐体の奥行きに制限されていたポートより長いものになっているという。澤田氏も、特に「702 S3」と「705 S3」については「特別な低域チューニングが施されているのではないか」と解説する。

「705 S3」(左)と「705 S2」(右)の背面端子。ポートの形状は類似しているが、「S3」からは800シリーズ同様横並びの端子配置となっている

全体的にスリムな仕上げとなっており、フロントバッフルの横幅ギリギリのところまでユニットが取り付けられている。そのためフロア型については転倒防止の側面から、「台座の使用を推奨する」としている。

ディーアンドエムホールディングスの試聴室にて、前モデルとなる「707 S2」と「707 S3」の聴き比べをしたのちに、順に「706 S3」から「702 S3」までの5モデルを試聴を行った。

ディーアンドエムホールディングスの試聴室にて各ラインナップを試聴

「707 S2」の時点でも非常に高い完成度を感じさせたが、「S3」への進化で印象的なのは、さらなる解像度とディテールの表現力を獲得していること。特にトップトゥイーター搭載の「705 S3」のステージ表現力や、「702 S3」の3発ウーファーによる安定した低域表現など、B&Wらしい音楽性豊かなサウンドがさらに洗練されていることが伝わってきた。また価格帯ごとにきちんと音質がグレードアップされていることも、B&Wが確かなスピーカー製造の技術を有していることを感じさせてくれた。

ブックシェルフ型には専用スピーカースタンド「FS-700 S3」も同時に発売となり、こちらの価格は125,400円(ペア/税込)。ブラックとシルバーの仕上げを用意する。

専用スタンド「FS-700 S3」

また今回発表の700 S3シリーズ、または800 D4シリーズを購入・応募することで、先着200名に完全ワイヤレスイヤホン「PI5」をプレゼントする「700 S3シリーズ発売記念プレゼントキャンペーン」を、明日9月22日より実施する。

キャンペーンの対象製品は、700 S3シリーズは702 S3、703 S3、704 S3、705 S3、706 S3、705 S3、HTM71 S3、HTM72 S3、そして800 D4シリーズは「801 D4」「802 D4」「803 D4」「804 D4」「805 D4」「HTM81 D4」「HTM82 D4」。スピーカーはペア1組、センタースピーカーは1台での購入が必須だ。なお、700 S3シリーズのローズナット仕上げはキャンペーンの対象外となる。

応募は、B&Wウェブサイト内の専用フォームに必要事項を記入の上、領収書またはレシートの画像と、対象製品の保証書の画像をアップロードすることで完了する。購入期間は先記の通り9月22日から11月30日まで、応募期間については12月7日23時59分までとなる。なお、キャンペーン期間内でも応募総数が200名に達した場合終了する。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク