「RWC2RU」を採用

オーディオリプラス、ルテニウムメッキのコンセント6口を搭載した電源ボックス「SAA-6SZ-Mk2-RUT」

2022/01/06 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
オーディオリプラスは、3基のコンセントすべてにルテニウムメッキを施した電源ボックス「SAA-6SZ-Mk2-RUT」を1月20日より発売する。価格は185,900円(税込)。

AUDIO REPLAS「SAA-6SZ-Mk2-RUT」

既発売の「SAA-6SZ-Mk2」のコンセントすべてを、独自のルテニウムメッキを施した同社のフラッグシップ・コンセント「RWC-2RU」(ひとつ41,800円/税込)にしたもの。アルミ削り出しモノブロック筐体や、内部配線をすべて独立させたセパレート構造は踏襲している。

サイズは400W×70H×43Dmm、質量は2.5kg。足元には高硬度のステンレススパイクを装着、ハンダは特殊合金ハンダを採用している。

RWC-2RUを3基搭載する仕様は、同社最高峰電源ボックスSTP-6(1,210,000円/税込)と同様であり、同社エントリークラスの電源ボックスであるSAA-6SZ-Mk2シリーズでも晴れて採用されたことになる。


この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク