トライオードの販売チャネルで展開

ウェスタン・エレクトリックの真空管「300B」、国内正式発売が決定

2021/10/28 ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
ウェスタン・エレクトリックの真空管「300B」が、国内で正式に発売されることが決定した。輸入代理店は(株)エレクトリ、国内総販売元は(株)トライオードが担当する。

シングルの他、マッチドペア、マッチドクアッドでも販売される

価格は300Bシングル(1本)が110,000円(以下税込)、300Bペア(2本)が231,000円、300Bクアッド(4本)が484,000円となる。11月1日より発売開始。

新たに復活したウェスタン・エレクトリックの「300B」

米ウェスタン・エレクトリックから1938年に登場した真空管「300B」は、真空管の王様とも呼ばれ、世界中で熱狂的なファンを獲得していたが、1988年に生産を終了。しかし、再復活を望む声は世界中から高まり続けており、2018年にはジョージア州ロスヴィルに新工場を設立、近代化した生産ラインによる生産体制が整ってきた。

新生産ラインによりオリジナルの300Bを世界中に安定して供給できるようになったことを受け、日本でも正式発売が決定した。今後はトライオードの販売チャネルを通じて国内に展開される。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

トピック