オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2020年4月よりリジェールが取り扱い

SME、75周年記念のアナログプレーヤー「Diamond Series SYNERGY」

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2021年03月04日
イギリスのアナログブランドSMEより、75周年記念モデルとなるアナログプレーヤー「Diamond Series SYNERGY」が発売になる。価格は4,200,000円(税抜)。なお、SME製品は、2020年4月より(株)リジェールが国内販売を担当している。

SME「Diamond Series SYNERGY」

「Diamond Series SYNERGY」は、33/45/78回転に対応するベルトドライブ方式のアナログプレーヤーで、トーンアームには「SERIES IV」の内部配線をCrystal Cable製Mono-Crystal Silverケーブルに変更したブラック・バージョンを搭載。

カートリッジには、オルトフォン製の「MC Windfeld Ti」を付属。カートリッジの能力を最大限発揮するために、NAGRA設計によるフォノアンプを内蔵しており、NAGRAの「BPS」の回路をベースに、さらに進化させた専用設計となっている。なお、フォノアンプの電源は本体と別筐体から供給する。Crystal Cableのフォノケーブルも付属する。

本体とフォノアンプ専用の電源部から構成される

メインプラッターは、29mm厚の重量級アルミニウム合金製で質量は4.7kg。表面には静電気を抑えるダイヤモンドターニング加工が施され、特殊樹脂Isodampのコーティングにより高い制振効果を実現しているという。

メインスピンドルは19mm高クローム鋼の削り出し、軸受けはタングステン・カーバイド製ベアリングを備えた同じく高クロムスチール銅・密閉ハウジングとなっている。

Diamond Series SYNERGYの背面端子部

ベース部とサブシャーシ部は航空宇宙産業グレードの堅牢な鋳造アルミニウム製。SME独自の「trilateral構造」となっており、航空宇宙産業の専門家が設計したアイソレーションシステムを搭載している。また、脚部は航空宇宙産業グレードの特殊シリコンを採用。

モーターには、8極ネオジウムマグネットを備えた高精度ブラシレス・モーターを搭載。電源部は本体とは別筐体の高品質アルミニウム製で、カートリッジやトーンアームヘのノイズ混入の防止を図っている。MOS-FETベースのPSUスピードコントローラーには、マイクロプロセッサーによるクローズドループサーボシステムを採用し、±0.01%で正確な回転調整が可能とする。

製造はすべてウエスト・サセックスにある自社工場で、熟練のエンジニア達によって徹底管理のもと行われる。本体サイズは370W×178H×350Dmm(アーム上部まで)、電源部サイズは170W×68H×305Dmm、質量は24.5kg(トーンアーム、電源部含む)。

なお、現在リジェールが取り扱うSME製品は以下の通り(いずれも税抜)。なおトーンアームの単体発売はしていない。

アナログプレーヤー MODEL 12A(MODEL 309搭載) 1,550,000円
アナログプレーヤー MODEL 30MK2A(SERIES V搭載) 5,800,000円
アナログプレーヤー MODEL 20MK3A(SERIES V搭載) 3,050,000円
アナログプレーヤー MODEL 15A(MODEL 309搭載) 1,980,000円
アナログプレーヤー SYNERGY(SERIES IV搭載) 3,300,000円

関連リンク

関連記事