【PR】MCカートリッジでバランス伝送もテスト

バランス出力にも対応! “遊べる”アナログプレーヤーTEAC「TN-5BB」のポテンシャルをチェック

  • Twitter
  • FaceBook
小原由夫

前のページ 1 2 次のページ

2021年03月08日
■サエクコラボのトーンアームを搭載、ティアックこだわりのベルトドライブ機

誤解を怖れず正直に言えば、ティアックのアナログプレーヤーはどれも同じに見えなくはない。それがデザイン・アイデンティティといえば確かにその通りなのだが、違いが分かりにくいのも事実。そんな時の判断方法は、キャビネットの厚み、プラッターの材料とその厚さ、トーンアームの形状など。

TEACアナログプレーヤー「TN-5BB」。価格は168,000円(税抜)

ここで採り上げる「TN-5BB」は、新たに最上位の位置付けとなる最新モデル。ベルトドライブ方式を採用した20mm厚アクリル製プラッターに、SAECとのコラボで誕生したナイフエッジトーンアームを搭載。キャビネットは、人工大理石とピアノブラック仕上げMDFによるコンビネーションとなっている。他の同社製アナログプレーヤーと見比べてみれば、贅沢な仕様であるのは単純明快、一目瞭然だ。

SAECのナイフエッジトーンアームを搭載。アームの高さも調整できるので、さまざまなカートリッジと組み合わせる楽しみも

実は、この総重量8.8kg/厚さ50mm弱の積層構造キャビネットの中に、数多の秘密が隠されているのがTN-5BBの奥ゆかしさ。能ある鷹は爪を隠すというではないか。

キャビネットの上層は、さながら細かな雲母がラメのように輝く漆黒の人工大理石。下層がMDFとなっているのだが、双方を結合するボルトに和紙製のワッシャーが使われているのがミソ。この辺りがサウンドチューニングの妙というわけだ。トーンアームとプラッターは上層、モーターアッセンブリーは下層にがっちりマウントされ、堅牢な土台を形成している。ちなみにキャビネット総重量は10.6kgと、なかなかヘヴィである。

人工大理石とMDFを組み合わせた剛性感の高いキャビネット。プラッターの梨地仕上げも美しい

もうひとつの特徴は、DCサーボ検出用のディスク状の装置と回路が仕込まれており、高精度な回転性能を発揮する点。「PRS3(プラッター・ローテーション・センシング・サーボ・システム)」と命名されたその回路が、アクリルプラッターの静粛な回転を支えているのだ。

そのプラッターも、表面を梨地加工とすることでレコードとの密着性を高めようという工夫が盛り込まれている。したがってターンテーブルシートは使わない前提。こちらの重さは1.7kg。

高さ調整可能なトーンアームには、光センサーによるオートリフトアップ機構を搭載。この辺りも姉妹機とは異なる本機のスペシャルな仕様。ベアリングの機構上の変更や、内部配線材をPC-Triple Cにしたりなど、最上位機に相応しいアップデート/ブラッシュアップも抜かりない。

TN-5BBの背面端子。電源は専用ACアダプターで接続する。この価格帯でバランス出力を搭載しているのが大きなポイント!

TN-5BBは、開梱・結線してすぐに使えるよう、カートリッジがあらかじめセットアップされている。カートリッジの名門、デンマークはオルトフォンの「2M Red」だ。MC対応のバランス出力端子(アンバランス端子併設)を備えながら、付属カートリッジはMM型。何だか矛盾しているようだが(MM型は構造的にバランス伝送できない)、そこはご愛敬。将来的な発展性を見越した、これはティアックからのギフトと思っていただきたい。

オルトフォンのMMカートリッジ「2M Red」が同梱される。ただし、MMカートリッジではバランス伝送が実現できないのでご注意を!

同社のフォノEQ/プリメインアンプと組み合わせテスト!

前のページ 1 2 次のページ

関連リンク

関連記事