オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
キャスターに対応、配線も改良

ADK、アカシア材でリニューアルした積み重ね式オーディオラック「Stackシリーズ」

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:成藤 正宣
2021年03月03日
朝日木材加工(株)は、同社オーディオラックブランド・ADKから、最大6段まで積み重ねられるオーディオラック“Stackシリーズ(STCシリーズ)”のリニューアルモデルを3月中旬より発売する。ラインナップと税込価格は以下の通り。

ダブルタイプ
・「STC-DXB225」(1109W×320H×500Dmm):95,700円
・「STC-DXA223」(1109W×265H×500Dmm):67,100円
・「STC-DXA217」(1109W×205H×500Dmm):63,800円
シングルタイプ
・「STC-DXB125」(574W×320H×500Dmm):55,000円
・「STC-DXA123」(574W×265H×500Dmm):39,600円
・「STC-DXA117」(574W×205H×500Dmm):38,500円

オプションキャスター
・「STC-CS6B」(6個セット):22,000円
・「STC-CS4B」(4個セット):15,400円

最大6段まで積み重ねられるオーディオラック「Stackシリーズ」がリニューアル

今年1月にリニューアルした「Solidシリーズ」と同様に、従来モデルで使用していた南洋材のラバー材に代わり、より環境にやさしく安定供給が可能なアカシア天然木集成材を採用。アカシア材の特徴である緩やかな曲線や渦を巻く木目が、振動を適度に分散/減衰する性質を持つため、自然な音の響きも実現するという。

設置スペースや使用機器構成に応じ、土台となるベースにユニットを積み重ねられるシステムアップタイプの設計を従来モデルから踏襲。最大6段まで積み重ね可能で、上下の連結は金属ダボ方式を採用しているため増設/レイアウト変更も簡単に行える。

金属ダボで連結し、最大6段まで積み重ね可能

従来モデルからの改良点として、キャスターの取り付けに対応。ダブルユニット向けの「STC-CS6B」は耐荷重280kg、シングルユニット向け「STC-CS4B」は耐荷重200kgとなる(どちらも本体質量除く)。また、ケーブルと干渉する背板も廃止するとともに、天板背面にケーブルを通すための配線スリットを設け、使いやすさをより高めた。

天板/側板ともに厚み35mmで、外装はウォールナット調の塗装仕上げ。耐荷重100kgの天板がそのままスタックユニットの棚板となる構造により、機器の振動を最低限に抑え安定した再生を実現するとしている。

オーディオシステムを加えた設置例

関連記事