オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
トゥイーター周囲にはウェーブ・ガイドを装着

ELAC、ウーファーにアルミダイキャスト採用のフロア型スピーカー“Debut Reference”「DFR 52」

編集部:押野 由宇
2021年02月19日
ユキムは、同社が取り扱うELACブランドの “Debut Reference”シリーズから、フロア型スピーカー「DFR 52」を3月より発売する。価格は200,000円(ペア/税抜)。

「DFR 52」

昨年発売したブックシェルフ型モデル「DBR 62」に続く、Debut Referenceシリーズの新モデル。ユニット構成は、25mmクロスドームトゥイーター×1、130mmアラミド・ファイバーコーンミッド×1、130mmアラミド・ファイバーコーンウーファー×2の3ウェイとなる。

ウーファーには“Debut”シリーズと同様のアラミド・ファイバーコーンに加え、高剛性のアルミダイキャストシャーシを採用。ユニットが発する振動を抑えるとともにバッフル強度の向上を実現したとしている。

ウーファーにはアルミダイキャストシャーシを採用

トゥイーターの周りには上級ラインでも採用されたウェーブ・ガイドを装着。これにより歪みのない放射特性に優れたクリアな高音域を再現可能にしたという。

トゥイーター周りにウェーブ・ガイドを備える

分厚い底板を円筒上にくりぬき、そこから貫通させたダクトをフロントパネルにあるフレア型ポートに繋げる「デュアル・フレア・スロット・ポート」方式を採用。これにより、低域のダイナミクスの向上と低ノイズを達成したとする。加えて、通常のバスレフポートも背面に2箇所備えている。

「デュアル・フレア・スロット・ポート」方式を採用する

また、「フル・ペリメター・ブレース」と呼ぶトップパネルとサイドパネルを強固に接合する新工法によって、エンクロージャーの強度を大幅に向上。特に低音の解像度において大きな効果があると同社は説明している。

再生周波数特性は42Hz - 35kHz、インピーダンスは6Ωで、能率は87dB(2.83V/m)。最大入力は140W、クロスオーバー周波数は90Hz/2.2kHz。外形寸法は185W×1,016H×242Dmm、質量は16.7kg。外装はブラックバッフル/ウォールナット・キャビネット仕上げで、付属サランネットはマグネット着脱式となる。

関連リンク

関連記事