【PR】上位機「400LINE」を感じさせる風格

“シャープで厚い”、矛盾を実現したサウンド。ELAC新ラインSOLANO 280「FS 287/BS 283」レビュー

  • Twitter
  • FaceBook
井上千岳

前のページ 1 2 次のページ

2021年04月23日
シャープで厚い。一見相容れないような二つの特質が、何の矛盾もなく同居している。それはまるで不可能を可能にしたような…。どこをどうすればこんなに鮮やかな飛躍ができるのか。場面に応じて多彩な変化を見せるELACの新シリーズ、「SOLANO 280LINE」の魅惑の源泉を追ってみたい。


上位機「400LINE」に近接したその構造

エラックの原点とも言うべき「CL-310」は、現在「BS312」となって完成の域に達した観があるが、これはもう別格的な存在と考えていい。これに対してJETトゥイーターを搭載した一般的なスタイルのウッドキャビネット・モデルでは、「400LINE VELA」を筆頭として「240LINE CARINA」、それに「260LINE」というラインナップで製品展開が行われてきた。

フロアスタンディング型「FS 287」506,000円(税込/ペア)

ブックシェルフ型「BS 283」264,000円(税込/ペア)

その260を280に更新して新しいモデルネームを与えたのが、ここで紹介するSOLANOである。SOLANOはスペイン語で、風のことだという。ちなみにCARINAは船の竜骨、VELAは帆だそうだ。

同じ200番台のCARINAと並べてその上位機というのがこれまでの位置付けであったが、このシリーズでは上級機VELAにぐっと近接しているのが注目される。まずトゥイーターに装着されたウェーブガイド。260LINEにはなく、VELAで初めて採用された装備である。ドライバー自体はJET Vだがこの装備によって指向性が精密に制御され、レスポンスが改善されている。このためクロスオーバーを100Hz引き下げて、JETの再生帯域を広げることが可能となった。

「280LINE」の立ち位置は「260LINE」の後継にあたるが、トゥイーター部に「400LINE VELA」に採用されたウェーブガイドを装備している

キャビネットはダウン・ファイヤリング方式でそれ自体は260LINEのフロア型「FS 267」から変わらないが、堅牢なアルミ製のベース部に搭載して重心を下げる構造はVELAから継承したものである。グラスファイバー製のバスレフダクトは開口部の広がったフレア型として、底面に向かって音波を放出する。壁面の反射を避け、滑らかな拡散を確保する最新の方式である。

ウーファーは新規の設計だが、ここでもVELA直系のアルミ・ダイキャスト製バスケット・フレームが採用されていることに着目したい。振動板はアルマイト処理のアルミコーンとペーパーコーンのハイブリッド。クラス初の高剛性フレームがロングストローク・ボイスコイルのエネルギーを受け止め、振動を効果的に制御してレスポンスを明確化する。そして従来のクリスタルラインでもまた260の複合曲率コーンでもないことに、コンセプトの新しさが見て取れるのである。ニューASコーンと呼ぶようだ。

ウーファー部は「400LINE」に採用されたアルミ・ダイキャスト製バスケット・フレームを装着

なお287はダブルウーファーの2.5ウェイ・フロア型、283はブックエシェルフ型で、いずれもバイワイヤリング対応の接続端子を備えている。

以上が新シリーズの概要である。トゥーターのウェーブガイド、新設計のウーファー、アルミベースのキャビネットという3点を押さえておいていただければ十分だ。

「シャープで厚い」そのサウンドの真髄に迫る

前のページ 1 2 次のページ

関連記事