オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
「Clean Mate」後継機

フォースマイルラボ、ドライ機能付きバキューム式クリーナー「Clean Mate NEO」

  • Twitter
  • FaceBook
季刊・analog編集部
2020年12月02日
フォースマイルラボは、バキューム式クリーナー「Clean Mate NEO」を12月3日より発売する。価格はオープン。

バキューム式クリーナー「Clean Mate NEO」

初の国産クリーナーを誕生させたアイコール(株)からレコードクリーナーの事業を継承した同社が、「Clean Mate」の後継モデルとして開発したもの。

「よりシンプルに、さらに機能的に」をコンセプトとしてイメージを一新。デザインは美しいレコードラックなども手がける家具ブランド、margherita(マルゲリータ)を主宰する倉田裕之氏が手掛けている。

デザインは美しいレコードラックなども手がける家具ブランド、margherita(マルゲリータ)を主宰する倉田裕之氏が手掛ける

機能面では吸引力が120%アップし、吸引モーターの音は90dBから65dBへと低減。さらに乾燥用の風が放出されるドライ機能を追加。クリーニングした後にスタンド等に立てかけて乾燥させることなく、短時間でレコードを再生することが可能になった。

乾燥用の風が放出されるドライ機能が追加

さらに除電和紙マットを標準装備し、ホコリの除去と除電が実現できる。付属のクリーナーは、従来は2液式のアルカリ性であったが、1液式の中性タイプにリニューアル。これまで以上にレコード盤の素材を痛めにくくなり、カビ取りと防カビの効果がアップしたという。

除電和紙マットも標準装備。ホコリの除去と除電が実現できる

また、排水ホースが分割式になっており、排水を繰り返し、ホースが汚れた際も手軽に洗浄や交換ができるようになっている。

なお同社のホームページは開設準備中。製品の問い合わせはフォースマイルラボ(TEL:0256-73-2106 )、問い合わせは完実電気(株)まで。

関連リンク

関連記事