オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
リアヨークを純鉄から精密切削加工

PLATANUS、MCカートリッジ「3.0S」を発売。新ネオジムマグネットを採用

  • Twitter
  • FaceBook
ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年10月27日
PDNは、同社が取り扱う国産アナログブランドPLATANUSより、鉄芯入りMCカートリッジ「3.0S」を発売する。価格は350,000円(税抜)。

PLATANUSのMCカートリッジ「3.0S」

「3.0S」では、リアヨークを純鉄の塊から精密切削加工で製作し、最適な質量を持たせることで剛性を高め、共振を抑える工夫がなされている。出力端子プレートまで一体に取り付ける構造で、芯のある鮮やかな音色が得られるとしている。

カートリッジの構造

また、マグネットにはN45ネオジムマグネットを新たに採用。コイルコアとヨークの位置関係を改めたことでトレース能力を改善しているという。

筐体は、ベース部はA6063アルミニウム合金、カバー部はA7075アルミニウム合金による異種金属による2ピース構造。カンチレバーはA2017アルミニウム合金とテーパー形状中空パイプを採用。針先はダイヤモンドのラインコンタクトで、曲率半径は3μm×30μm。

カートリッジの自重は11.5gで、針圧は1.9g - 2.1g(標準2.0g)。出力電圧は0.4mV、再生周波数は10Hz - 50kHz、インピーダンスは2.5Ω。チャンネルセパレーションは30dB以上、チャンネルバランスは0.5dB以内となっている。

関連リンク

関連記事