オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
完全予約制で営業中

サウンドクリエイト、LINNのMAJIK DSM/4やLP12、マランツ30シリーズなど話題のモデルを提案中!

ファイルウェブオーディオ編集部・筑井真奈
2020年09月29日
銀座のオーディオショップ、サウンドクリエイトは、新型コロナウイルスの影響を受け一時店舗をクローズしていたが、6月より完全予約制で営業を再開している。営業日は水曜日から日曜日の13時〜18時。月曜日・火曜日は定休日となっている。

上質なオーディオ製品を取り扱う大人のための「文化発信基地」、サウンドクリエイト

今春〜夏にかけては、世界的にも新製品リリースが遅れてきたが、秋口に入り、ピュアオーディオファンにも注目の話題の製品が次々と登場、サウンドクリエイトでも力をいれて提案している。SELEKTの外観を纏ったLINNの「MAJIK DSM/4」や、デザインをリニューアルしたマランツの「30シリーズ」など、“巣篭もり需要”に応える新たな選択肢が生まれてきている。

現代スピーカーからヴィンテージまで、さまざまな組み合わせの提案を行っているサウンドクリエイトだが、いまの注目スピーカーとして、MAGIOの「S1 mk2」を入荷。MAJIK DSM/4はもちろん、OCTAVEのプリメインアンプ「V70A」との組み合わせなども楽しめる。

MAGICOのS1 mk2もMAJIK DSM/4と組み合わせ

ほかにもMAJIK DSM/4は、スタンドをリニューアルした「MAJIK 140 SE」、スイスの雄・PIEGAの「Premiumシリーズ」、Davone、Elipsonとの組み合わせも可能だ。アンプ一体型で、組み合わせるスピーカーを選ぶ楽しみに満ちている。

また、アナログプレーヤーのグレードアップとして、「LP12」のアップグレードキット、新型軸受の「Karousel」を導入。Karouselの新旧比較試聴も用意している。

Karousel新旧比較ができるのもサウンドクリエイトならでは

マランツSACDプレーヤー「SACD 30n」とプリメインアンプ「Model 30」は、ディスク再生からネットワーク再生、Spotify等まで幅広く対応できるモデル。ストリーミングへの対応力も魅力だ。

マランツのSACD 30nとModel 30も試聴可能

サウンドクリエイトでは、インテリアにも馴染むライフスタイルに寄り添ったオーディオ提案を積極的に行っている。ぜひ電話またはメールで予約を入れた上、足を運んで欲しい。

■サウンドクリエイト お店紹介
大人のための文化発信基地「サウンドクリエイト」。インテリアと融合するオーディオの楽しみを提案する

■サウンドクリエイト information
〒104-0061
東京都中央区銀座2-3-5 三木ビル本館2F 5F
TEL:0120-62-8166
サウンドクリエイトホームページ:https://soundcreate.co.jp/

関連リンク

関連記事