オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ペア520万円

英NODE、3Dプリント製造で広帯域/点音源/小型軽量を追求したスピーカー「HYLIXA」

編集部:平山洸太
2019年11月15日
タイムロードは、英NODEの3ウェイ・フロア型スピーカー「HYLIXA(ハイラクサ)」を11月22日に発売する。完全受注生産で、価格は5,200,000円(税抜・ペア)。

「HYLIXA」

NODEは、2018年1月にイギリスのケンブリッジに設立されたブランドで、HYLIXAが同ブランドの一作目となる。これまでイギリス国内のみで販売されていたが、初の海外販売として日本でも購入できるようになる。

HYLIXAはマルチウェイながらも、小型軽量と点音源再生を追求したとするモデル。「ルックスから想像できないくらいのサウンドなど、高次元にまとまっている」と紹介している。

キャビネットは、ガラス繊維配合ナイロンを素材にレーザー焼結法(SLS)による3Dプリンティング技術を利用して製作される点が大きな特徴。レーザー焼結法では素材を敷き詰めた後にレーザー照射という作業を繰り返すが、一回で0.2mmほどしか成形できない。このためキャビネットが形になるまで、合計46時間を要するという。

3Dプリントで製造されていく様子(イメージ)

3Dプリンティングでなければ実現できない構造として「ヘリカル・トランスミッション・ライン」という渦巻状の構造を本体内部に形成。全長1.6mの音導管をキャビネット内にコンパクトに収めることにより、本体サイズを抑えながら、サイズを超えた低音を追求している。

断面図イメージ

「ヘリカル・トランスミッション・ライン」

もう一つの特徴として、先述した点音源を目指した設計が挙げられる。ドライバーは高域にScanSpeak製の2.5cmリングラジエーター、中域に4.4mmのBMR(Balanced Mode Radiator)、低域に14cmのウーファーを搭載。39Hz - 25kHzの再生に対応する。

前面に高/中域用ドライバー、内部に1つのウーファーを備える

なかでも中域のBMRは丸型の平面振動板となっており、200Hz - 5kHzの広帯域と180度の広指向性が特徴。ハニカム構造をサンドイッチするような設計で、低域はピストンモーションで再生し、高域は振動板そのものが波打つことで音を発する。

また分割振動で不要な音が出にくいとのこと。大きさも特徴とのことで、ユニットが小さいことで、ひいてはキャビネットの小型化にも寄与するという。加えて、ユニットキャビネットは筐体内に別で用意。磁気回路にBMRをマウントしており、スリットを遮るものがないように設計されている。

BMRが小型なためキャビネットが小さくでき、小型化に貢献するという

デザインは、ネジ1本も表面に露出させない「ステルス・キャビネット」を採用。音の放射を阻害せず、音の回折を極限までなくすよう配慮する。ネットワークはスタンド部分に格納することで、さらなる小型化を追求。この構造を実現するため、スタンドも3Dプリンティングで設計されており、取り外せない仕様となっている。

「ステルス・キャビネット」

ネットワーク部はスタンドに格納する

本体カラーは、標準として白と黒の2色を用意。塗色や表面仕上などはオーダー時に指定することも可能で、色はカラーコードから指定するなど幅広い対応が可能とのこと。表面仕上は光沢だけでなくマットも選ぶことができる。またドライバー周辺の色はマットブラック/銀/金の3色から選べる。など、スタンド部分はマットブラックのみとなっている。

端子部を背面下方に備える

マットブラック仕様のイメージ

外形寸法は433W×960H×278Dmmで、質量は15kg。インピーダンスは6Ω(最低2.6Ω)で、感度は82.4dB(2.83V/1m)。

関連リンク

関連記事