USB-C端子に変更

ボーズ、バッテリーを強化したBluetoothスピーカー「SOUNDLINK MINI II Special Edition」

編集部:平山洸太
2019年11月08日
ボーズは、小型Bluetoothスピーカー「SOUNDLINK MINI II Special Edition」を発売した。カラーはトリプルブラックとラックスシルバーの2色で、直販サイトの価格は24,200円(税込)。

「SOUNDLINK MINI II Special Edition」(ラックスシルバー)

「SOUNDLINK MINI II Special Edition」(トリプルブラック)

通常モデル「SoundLink Mini Bluetooth speaker II」にアップグレードを加えた特別モデル。バッテリーは10時間から20%向上した12時間の連続再生に対応するほか、充電ポートをUSB-Cに変更した(従来はmicroUSB)。

USB-C端子を搭載

上記の変更点以外の仕様は引き継がれており、内部には低音用ユニット「デュアル・オポージング・パッシブラジエーター」を搭載。独自の振動板とネオジウムマグネットを採用したトランスデューサーや、独自の信号処理技術を採用するなど、同社の持つ先進技術により高い音楽再生機能を実現するという。

上部イメージ

Bluetooth接続は約9mの通信距離に対応。また8台までのマルチポイント接続やスピーカーフォン機能などに対応する。マイクを内蔵するため、スマートフォンに搭載するSiriやGoogleアシスタントを利用したり、かかってくる電話に応答することもできる。

筐体はシームレスなアルミによるシンプルなデザインとしており、外形寸法は180W×51H×58Dmm、質量は680g。付属品として、USB-C - USB-Aケーブルを同梱する。

USB-C - USB-Aケーブルを同梱

関連リンク

関連記事