オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
共同ブースで音出しデモ

<OTOTEN>DYNAUDIO/SOULNOTE/morelが集合。各社の注目機が一堂に会する

編集部:小野佳希
2019年06月29日
オーディオビジュアルの祭典「OTOTEN 2019」が開幕。会場の東京国際フォーラム5階G508室には、DYNAUDIO、SOULNOTE、morelを扱うジャンライン&パートナーズが集い、各ブランドの製品を展示している。

3社共同ブースで各ブランド製品を体験可能

記者が取材に訪れたタイミングでは、ディナウディオが「FOCUS」シリーズの音出しデモを展開。多くの来場者がその音に耳を傾けていた。また、ワイヤレスハイエンドスピーカー「Xeo(シオ)」や一体型スピーカー「Musicシリーズ」も展示している。

Xeoなど各モデルを展示

CSRは、自社ブランドSOULNOTEに加えて、同社が取り扱うPMCの製品を展示。SOULNOTEのフォノイコライザー「E-2」の筐体内部を公開したり、PMCのスピーカー「twenty5」を展示するなどしている。

「E-2」の筐体内部

ジャンライン&パートナーズは、同社が取り扱うイスラエルのブランド、morel(モレル)の製品を展示。先日発表されたばかりのブックシェルフスピーカー新製品「VARIO ELITE」「VARIO X」(関連ニュース)を始めとした各モデルを披露している。

「VARIO ELITE」と「VARIO X」

OTOTEN 2019は明日6月30日(日)まで東京国際フォーラムで開催。入場無料だが参加登録が必要で、公式サイトから事前登録も受け付けている

関連記事