オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ネイティブDSD512に対応

LUMIN、フラグシップ機の技術を投入したネットワークプレーヤー「T2」。75万円から

編集部:平山洸太
2019年01月21日
ブライトーンは、同社が取り扱うLUMINブランドから、エントリーモデルのDSD対応ネットワークオーディオプレーヤー「T2」を発売開始した。シルバーとブラックの2色がラインナップされ、価格はシルバーが750,000円(税抜)、ブラックが825,000円(税抜)。

「T2」(シルバー)

ネットワークプレーヤー「T1」(関連ニュース)の後継機との位置づけとなるネットワークオーディオプレーヤー。フラグシップモデル「X1」(関連ニュース)の技術をシャーシに組み込むことにより、「絶妙なバランスでスウィートスポットサウンドを引き出した」と説明されている。

「T2」(ブラック)

新しいプロセッサーを搭載することで、ネイティブDSD512(22.6MHz)とPCM 384kHz/32bitの再生に対応。そのほかサポートするオーディオフォーマットは、DSDがDSF、DIFF、DoP。PCMはFLAC、Apple Lossless(ALAC)、WAV、AIFFに対応しており、MP3、AAC(M4A)の再生も行える。またUSBデジタルオーディオ出力もネイティブDSD512をサポートする。

DACはES9028Pro SABRE DACをデュアル搭載。フルバランスレイアウトとなっており、ディスクリートクロックシステムを備える。そして内蔵電源ユニットにはローノイズのものを採用し、パワーサプライコンポーネントにはシールドが施され、さらに干渉を最大限減らしたというディスクリート設計となっている。

内部イメージ

LUMIN AppによりiPadからの操作・設定に対応。さらに高解像度なアートワーク、作曲者タグを含むマルチタグにも対応している。

ライブ演奏などで曲間の音切れの発生を防ぐギャップレス・プレイバック再生に対応するほか、操作アプリケーションを止めても再生が途切れないオンデバイス・プレイリストに対応する。USB接続音源の再生にも対応し、AirPlay、TIDAL、MQA、Qobuz、TuneIn Radioの再生も可能。

背面端子部

外形寸法は350W×60H×345Dmmで、質量は6kg。

関連記事