オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
フロントパネル

SOtM、「sMS-200/ultra」の“Neo”アップデート対応を開始

編集部:押野 由宇
2018年12月03日
ブライトーンは、同社が取り扱うSOtMブランドの「sMS-200」を「sMS-200 Neo」に、または「sMS-200ultra」を「sMS-200ultra Neo」へのアップデート対応を開始した。

「sMS-200」

「sMS-200ultra」

sMS-200、sMS-200ultraともにアップデート価格は共通で、フロントパネルを替えない場合は21,000円(税抜)、フロントパネルをNeo版に替える場合は31,000円(税抜)となる。なお、同社までの送料はユーザー負担。

フロントパネルをNeo版にするか選べる

sMS-200(関連ニュース)はRoonReadyやOpenHomeにも対応したネットワークトランスポートで、sMS-200ultra(関連ニュース)は高性能オーディオクロックを備えることでアップグレードを行ったモデル。そして、それぞれNeo版はパーツの見直しを行い、高音質化を図ったバージョンとなっている。

フロントパネルを替える場合は、フロントパネルの右上にNEOのマークが書かれたパネルに変更される。申込みはこちらのページから行える。

関連記事