オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
一次反射のポイントを計算

エスカート、音響パネルの効果的な設置場所を確認できるウェブツールを公開

編集部:押野 由宇
2018年10月25日
エスカートは、音響パネルの効果的な設置場所として一次反射のポイントを確認できる計算ツールを公開した。

一次反射計算ツール

スピーカーから発せられる音は、リスニングポイントへダイレクトに届く直接音と、部屋の壁に反射して間接的に届く反射音の2つに大きく分けられるが、側壁面でルームチューニングを行う場合は、音の一次反射のポイントを処理することが効果的という。

そこで音響パネルの設置位置として、「(A)スピーカーと側壁の距離」「(B)リスニングポイントと側壁の距離」「(C)リスニングポイントとスピーカー中央の距離」の3点を入力することで、一次反射のポイントを計算、確認できるツールが用意された。

また(A)にはトゥイーターやミッドレンジなどの高さから天井までの距離を、(B)には耳の位置から天井までの距離を入力することで、天井面の一次反射にも応用できるという。

なお、一次反射面への設置はあくまで目安となり、部屋や様々な条件により異なるため、「一次反射ポイントを目安に最適な設置場所をお探し下さい」と説明されている。

関連記事