オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
2019年7月31日まで

ソニー、「HAP-Z1ES」「HAP-S1」の“液晶に白い横線”不具合の無償修理期間を1年延長

編集部:小野佳希
2018年07月26日
ソニーは、ハイレゾHDDオーディオプレーヤー「HAP-Z1ES」とHDDオーディオプレーヤーシステム「HAP-S1」の一部製品において、本体液晶パネル部に白い横線が入る症状が発生した場合の無償修理受付期間を、従来から1年延長し2019年7月31日まで受け付けると発表した。

HAP-Z1ES

当初「2018年7月31日まで」としていた無償修理期間(関連ニュース)を、上記のように1年間延長。下記窓口で相談を受付けている。

なお、製造番号が「HAP-Z1ES」は2200001〜2203930、「HAP-S1」は2200001〜2207540の機体が対象。ただしこれら対象機体のすべてで不具合が発症するわけではない。

【問い合わせ先】
ソニーオーディオ専用コールセンター
TEL/0120-289-977

関連リンク

関連記事