オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
不具合修正も

FiiO「M7」、DSD 5.6MHz対応やリプレイゲイン追加など機能強化アップデート

  • Twitter
  • FaceBook
編集部:小野佳希
2018年07月19日
エミライは、FiiOのデジタルオーディオプレーヤー「M7」(関連ニュース)のファームウェアをアップデート。DSD128(5.6MHz)の再生に正式に対応させたほか、リプレイゲイン機能を追加するなどの機能強化を行った。

FiiO「M7」

最新バージョンのファームウェア「FW1.0.3」の提供を開始。アップデートによって追加/修正される機能は下記の通り。

・リプレイゲイン機能を追加

・DSD128データの再生に正式に対応

・Q5をBluetooth経由で操作する機能を追加

・ファイル管理アプリケーションから楽曲を再生した場合に現在のディレクトリにある全ての楽曲のリストを表示する機能を追加

・スクリーンショット機能を使用した場合に戻るボタンが操作不能になることがある不具合を修正

・USB Audio出力時にDSDデータ再生時に楽曲の先頭が欠ける不具合を修正

・お気に入りを再生→お気に入りから楽曲を削除→他のプレイリストに楽曲を追加という操作を実行した場合にFiiO Musicアプリケーションが正しく終了しないことがある不具合を修正

・言語設定を変更した場合にプレイリストからお気に入りへ曲を正しく登録することができないことがある不具合を修正

・一部のAPE形式ファイルにおいてアルバムカバーアートが表示されないことがある不具合を修正

・検索機能を使用する場合に,稀にキーボードが自動的に表示されない不具合を修正

・その他の軽微な改良と不具合の修正

関連リンク

関連記事