オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
VMカートリッジ「CORUS2」も同時発売

ROKSAN、アクリル筐体採用のアナログプレーヤー「RADIUS7」。トーンアーム「NIMA」を付属

編集部:押野 由宇
2018年04月16日
ナスペックは、同社が取り扱うROKSANのアナログプレーヤー「RADIUS7」とVMカートリッジ「CORUS2」を、4月20日より発売する。価格はRADIUS7が360,000円で、CORUS2が85,000円。

「RADIUS7」

RADIUS7はアクリル筐体を採用したアナログプレーヤーで、「RADIUS5.2」からサウンドに関わる多くの変更が加えられている。電子式スピードコントロール機能を備えるモーター部を搭載。クリスタル速度制御システムを用いることで、33/45rpmの両方で完璧なピッチと安定したスピードを保つとしている。

駆動方式はベルトドライブで、カスタムメイドのシリコンベルトを付属。メインベアリングとスピンドルは精密加工のステンレスを使用し、ハウジングは精密加工一体真鍮、ボールは精密肌焼硬化鋼。プーリーは精密加工アルミニウム合金、プラッターには精密加工アクリルを採用する。

メインシャーシとサブシャーシは3点アイソレーションシステムで支えられ、ワウフラッターは0.04%以下。50/60Hzのユニバーサル対応を実現する。

また本機にはトーンアーム「NIMA」が同封される。ユニピボットタイプで、アーム部はアルミニウム合金製、ベアリングはステンレススチール、、支柱およびヘッドシェル部はアクリルで構成される。

実効長は240mm/9インチで、有効長は222.5mm、オフセットアングルは22.9度。搭載可能なカートリッジは5 - 12gで、DINタイプのフォノケーブルが付属する。

CORUS2は各チャンネルにマグネットを配置したVMデュアルムービングマグネット型のカートリッジ。それぞれのマグネットはシールドプレートで分断され、動作帯域内のクロストークの減少とチャンネルセパレーションの改善を実現したとする。

「CORUS2」

スタイラスは無垢シバタ針(2.7×0.26mil)で、カンチレバーにはアルミニウムテーパーパイプを採用。ハウジングはブラック・アルミ製とすることで、シールドと共鳴防止を図っている。出力電圧は3.5mV(1kHz、5cm/sec.)で、再生周波数特性は20Hz - 27kHz。

チャンネルセパレーションは25dB(1kHz)で、出力バランスは1.5dB(1kHz)。直流抵抗800Ω、負荷抵抗47kΩで、負荷容量は100 - 200pF。コイルインダクタンスは490mH(1kHz)。針圧は1.8 - 2.2g(2.0g標準)、本体質量は8.0gとなる。
新着記事を見る
  • ジャンルADプレーヤー
  • ブランドROKSAN
  • 型番RADIUS7
  • 発売日2018年4月20日
  • 価格¥360,000
●駆動方式:ベルトドライブ方式 ●ベルト:カスタムメイド・シリコンベルト ● メインベアリング・スピンドル:精密加工ステンレス ●メインベアリング・ハウジング:精密加工一体真鍮 ●メインベアリング・ボール:精密肌焼(case hardened)硬化鋼 ●プーリー:精密加工アルミニウム合金 ●プラッター:精密加工アクリル ●モーター:カスタムメイド・24 極シンクロナス・モーター ●回転速度:33/45 RPM ●電源:100V 50/60Hz ●ワウ・フラッタ ー:0.04%以下 ●外形寸法:W400×D350×H150mm ●質量:7kg
  • ジャンルカートリッジ
  • ブランドROKSAN
  • 型番CORUS2
  • 発売日2018年4月20日
  • 価格¥85,000
●型式:VMデュアルムービングマグネット型 ●再生周波数特性:20Hz - 27kHz ●出力電圧:3.5mV(1kHz、5cm/sec.) ●チャンネルセパレーション:25dB(1kHz) ●出力バランス:1.5dB(1kHz) ●針圧:1.8~2.2g(2.0g 標準) ●コイルインピーダンス:3.2kΩ(1kHz) ●直流抵抗:800Ω ●負荷抵抗:47kΩ ●負荷容量:100-200pF ●コイルインダクタンス:490mH(1kHz) ●スタティックコンプライアンス:40×10-6cm/dyne ●ダイナミックコンプライアンス:10×10-6cm/dyne(100Hz) ●スタイラス:無垢シバタ針(2.7×0.26mil) ●カンチレバー:アルミニウムテーパーパイプ ●垂直トラッキング角:23° ●外形寸法:H17.3×W17.0×D28.2mm ●質量:8.0g

関連記事