「SPM1200」のパワーを片chに凝縮

CHORD、SMPSスイッチングモジュール搭載のAB級モノラルアンプ「SPM1400MkII」

2017/10/20 編集部:押野 由宇
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
タイムロードは、同社が取り扱うCHORDのモノラルパワーアンプ「SPM1400MkII」を、本日10月20日より発売する。価格は1,670,000円/1台(税抜)。

「SPM1400MkII」

SPM1400MkIIは、CHORD初のアンプ製品「SPM1200」ステレオパワーアンプをベースとしたモノラルパワーアンプ。スイッチング電源モジュール「SMPS」を搭載し、AB級動作でチャンネルあたり480W(8Ω)、800W(4Ω)の出力を実現。「ステレオでもあまりあるコンストラクションを片ch分で使用することで、音の“タイミング”をより正確なものとした」という。

入力はXLRバランス(正相)、XLRバランス(逆相)、RCAアンバランス(正相)、RCAアンバランス(逆相)を各1系統。出力はバイワイヤ対応のスピーカーターミナル×2を装備する。

入力端子はXLRとRCAを装備

周波数応答は0.2Hz〜46kHz(-1dB)、0.1Hz〜77kHz(-3dB)。外形寸法は480W×190H×355Dmm、質量は24kg。

なお、本機のリリース以後、CHORDが「フルサイズシリーズ」と呼称していた製品ラインは「CHORDシリーズ」と呼称変更される。

また、通常使用は4本足のインテグラレッグとなるが、オプション設定としてアクリルブロック仕様(追加料金無し/注文時選択)が追加された。

写真はアクリルブロック仕様の「CPA5000」

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE

関連リンク

トピック

新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドCHORD
  • 型番SPM1400MkII
  • 発売日2017年10月20日
  • 価格¥1,670,000/1台(税抜)
【SPEC】●入力:XLRバランス(正相)、XLRバランス(逆相)、RCAアンバランス(正相)、RCAアンバランス(逆相) ●出力:スピーカー×2(バイワイヤ対応) ●定格出力:480W(8Ω)、800W(4Ω) ●周波数応答:0.2Hz〜46kHz(-1dB)、0.1Hz〜77kHz(-3dB) ●外形寸法:480W×190H×355Dmm ●質量:24kg