オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
電源コンデンサーには「響一」を搭載

スペック、新構造のサイドパネルを採用した“リアルサウンド・アンプ”「RPA-W1ST」

編集部:伊藤 麻衣
2017年10月05日
スペック(株)は、同社が開発する“リアルサウンド・アンプ”シリーズの新モデルとして、パワーアンプ「RPA-W1ST」を10月30日に発売する。価格は500,000円(税抜)。

「RPA-W1ST」

アンプ部に、PWM方式のクラスDアンプを採用。また、スピーカーから発生する逆起電力を吸収することで、スピーカーを素早く駆動・停止することができる。このスピーカードライブの正確性により、リアルなサウンドを実現したとする。

電源コンデンサーは、クラスDアンプ用に設計された「響一」を採用。高耐圧・大電流回路に最適なSiC(シリコンカーバイト)ダイオードと組み合わせ開発したハイクオリティ・オーディオグレードスイッチング電源を搭載する。

「RPA-W1ST」の電源部

アルミ製の天板とシャーシの内側に、上位機「RSA-F11」と同様の、EMCコーティングを施し、内部のノイズ反射や外部からのノイズを吸収する。

天板裏には、上位機と同様のノイズ対策を施している

サイドパネルに、スプルース材とカエデ材を重ねた側面15mm、接地面45mmの新ハイブリッドパネルを採用し、効果的な共振と制振を実現したとする。また、脚部は3点支持とし、リア・インシュレーターもサイドパネルと同じハイブリッド構造を採用する。

下から見たところ

そのほか、モノラルモードとBTLモードを搭載。通常のステレオ2ch接続による使用方法のほか、本機2台を使用したバイアンプ接続・BTL接続することも可能となっている。

入力端子はXLR端子を1系統、RCA端子を1系統装備。最大出力は100W×2(4Ω、STEREOモード接続時)、周波数特性は10Hz〜30kHz ±1dB(6Ω、1W)、高調波歪率は0.02%(1kHz、80%出力時)。外形寸法は440W×110H×410Dmmで、質量は11kg。

背面部

【問い合わせ先】
スペック
TEL/03-3660-0303

関連リンク

新着記事を見る
  • ジャンルパワーアンプ
  • ブランドSPEC
  • 型番RPA-W1ST
  • 発売日2017年10月30日
  • 価格500000円
【SPEC】●最大出力:100Wx2(4Ω、STEREO モード接続時) ●周波数特性:10Hz〜30kHz ±1db(6Ω、1w) ●高調波歪率:0.02% (1kHz, 80%出力時) ●入力感度・利得:300mVrms,37.3db(VolumeMAX 時、6Ω、1kHz,アンバランス入力) ●ライン入力端子:XLR×1 ●RCAアンバランス入力:1系統 ●スピーカー端子:1系統 ●消費電力:無信号時9W、最大出力時150W ●外形寸法:440W×110H×410Dmm ●質量:11.0kg

関連記事