オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
入力にプラグイン式モジュールを採用

オーロラサウンド、90万円の最上位フォノイコライザー「VIDA Supreme」

季刊 アナログ編集部
2017年10月04日
オーロラサウンド(株)は、フォノイコライザーの最新モデル「VIDA Supreme」を発表した。価格は¥900,000(税抜)となる予定で、2017年11月初旬に発売される予定。

オーロラサウンド「VIDA Supreme」(¥900,000/税別)※電源部は別筐体となる

本機は世界的に高い評価を受けた同社の「VIDA」と同様に、LCR型を採用したフォノイコライザー。低域の解像度と分解能に優れ、厚みのある中域などに特徴がありながら、従来技術では大型にならざるを得なかったLCR型だが、スウェーデンのルンダール社によるカスタムトランスを採用することでコンパクトなサイズを実現した。そのVIDAで培った経験をもとにさらなるハイエンドを目指して設計されたという本機は、オーロラサウンドらしい内容を満載した同社のフラグシップモデルだ。

最大の特徴は、入力にプラグイン式モジュールを採用した点。MCカートリッジの場合は、トランスモジュールとヘッドフォンアンプモジュールを用意する。

トランスモジュールには14Ω以下と14Ω以上の2タイプがラインアップされ、共にアモルファスコバルトコア材とOFC線材が採用される。一方のヘッドアンプモジュールは、6Ω〜47kΩまでの間で12段階に切り替えられるタイプが現在開発中となっている。

入力端子はプラグインモジュール式を採用。標準では14Ω以下のMCカートリッジに対応するトランスモジュールとロードインピーダンスとキャパシタンスをそれぞれ2段階切り替えできるMMモジュールが搭載される

MMカートリッジ用には、47kΩと14kΩのロードインピーダンス切り換えとロードキャパシタンスを0/100/330pFの三段階で切り換えできるモジュールが用意される。標準で同梱されるのはこのMMカートリッジ用モジュールと14Ω以下のMCトランスモジュールで、そのほかはオプションとなる予定。価格は2個セットで20,000〜120,000円(税抜・モジュールの組み合わせによって変動)となる見込みだ。

さらにモジュールには、逆RIAAフィルター−40dBアッテネーションと言うユニークなモジュールを用意。これはCDプレーヤーやDACなどのデジタル機器をRIAA特性に変換するためのもので、これによりデジタル音源でも本機を介して聴くことが可能となる。

オプションモジュールでは、14Ω以上のハイインピーダンスのMCカートリッジに対応するものや、12段階のインピーダンス切り換えに対応したMCモジュール、デジタル信号に逆RIAAフィルターをかけるものなどが用意される予定だ

内部構成は左右完全モノブロック独立構成とし、左右の干渉をなくしたことで優れたチャンネルセパレーションを実現。また回路モジュールにオールディスクリートによるトランジスタ+FETを採用したこともユニークで、ハイゲイン、超低歪率、超低ノイズ、高ドライブ力を実現したという。

ブロック図。LCR型の回路を採用したほか、左右完全モノブロック独立構成としてチャンネルセパレーションを高めていることが特徴となる

内部に採用されるパーツへのこだわりも同社らしさが溢れる。RIAAフィルターコイルとなる前述のルンダール社によるオーロラサウンド特別カスタムトランスをはじめ、抵抗や電解コンデンサーはオーディオ専用に開発された国産品を採用。さらにはすべての信号接点に、長年にわたって安定した信号伝送を行うべく高信頼性リレーを採用するなどしている。

ルンダール社によるオーロラサウンド特別カスタムトランスにより、LCR型を採用しながらも小型化を実現することを実現

ボディはソリッドアルミニウムによる重量級シャーシを、インシュレーターはカーボン配合鋳フットインシュレーターを採用するなど、外部振動を一切受け付けない構造となっているのも特徴だ。

この他、大型MUTEスイッチやHigh GAINへの切り換え、ステレオモノラル切り換えなどの機能を搭載。現在のアナログ再生に必要となる機能を網羅した点でも注目すべきフォノイコライザーと言えそうだ。
新着記事を見る
  • ジャンルフォノイコライザー
  • ブランドAURORASOUND
  • 型番VIDA Supreme
  • 発売日2017-11
  • 価格900000
●標準装備モジュール:MM(ゲイン40dB、ロードインピーダンス切り替え式7kΩ/14kΩ、ロードキャパシタンス切り換え式100pF/0/330pF)、MC(ゲイン  62.5dB、カートリッジインピーダンス14Ω以下に対応●プラグイン式モジュール:2スロット●出力(ラインレベル):RCA、XLR(1/GND、2/Hot、3/Cold)●出力インピーダンス:47Ω●RIAA偏差:10Hz〜20kHz(+/-0.25dB)●入力換算ノイズ:144dBV(MC)、126dBV(MM)●THD+N:0.008%(MC)0.008%(MM)●ゲイン切り替え:2段階(High時=+8dB)●サブソニックフィルター:-12dB/oct.(20Hz)●カートリッジデガウス:パッシブ型●その他切り替え:ステレオ/モノラル切り換え(L/R信号をミックスし、縦方向の振動をキャンセル)●ミュート機能:スイッチ式、オートMUTE機能も実装(外部からのショックやホットプラグ時のノイズに対して自動でミュート)●消費電力:60W●電源電圧:AC100V、50/60Hz●電源ケーブル長:約95cm(2本) ●サイズ:420W×350D×106Hmm(本体)、270W×154D×85Hmm(電源部)※突起物含む●質量:9.2kg(本体)、3.2kg(電源部)
  • ジャンルフォノイコライザー
  • ブランドAURORASOUND
  • 型番VIDA Supreme
  • 発売日2017-11
  • 価格900000
●標準装備モジュール:MM(ゲイン40dB、ロードインピーダンス切り替え式7kΩ/14kΩ、ロードキャパシタンス切り換え式100pF/0/330pF)、MC(ゲイン62.5dB、カートリッジインピーダンス14Ω以下に対応●プラグイン式モジュール:2スロット●出力(ラインレベル):RCA、XLR(1/GND、2/Hot、3/Cold)●出力インピーダンス:47Ω●RIAA偏差:10Hz〜20kHz(+/-0.25dB)●入力換算ノイズ:144dBV(MC)、126dBV(MM)●THD+N:0.008%(MC)0.008%(MM)●ゲイン切り替え:2段階(High時=+8dB)●サブソニックフィルター:-12dB/oct.(20Hz)●カートリッジデガウス:パッシブ型●その他切り替え:ステレオ/モノラル切り換え(L/R信号をミックスし、縦方向の振動をキャンセル)●ミュート機能:スイッチ式、オートMUTE機能も実装(外部からのショックやホットプラグ時のノイズに対して自動でミュート)●消費電力:60W●電源電圧:AC100V、50/60Hz●電源ケーブル長:約95cm(2本)●サイズ:420W×350D×106Hmm(本体)、270W×154D×85Hmm(電源部)※突起物含む●質量:9.2kg(本体)、3.2kg(電源部)

関連記事