オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
モデル毎に異なる導体を採用

Wireworld、カテゴリー8対応のイーサネットケーブル「Platinum Starlight」「Chroma」

編集部:成藤正宣
2017年07月05日
ナスペックは、同社が取り扱うワイヤーワールドブランドのイーサネットケーブル「Platinum Starlight」と「Chroma」を本日7月5日(水)より発売する。長さ、価格のラインナップは以下の通り。

「Platinum Starlight」

「Chroma」

■Platinum Starlight
 ・「PSE/1.0m」¥115,000(税抜)
 ・「PSE/2.0m」¥190,000(税抜)
 ・「PSE/3.0m」¥265,000(税抜)

■Chroma
 ・「CHE/1.0m」¥17,500(税抜)
 ・「CHE/2.0m」¥20,000(税抜)
 ・「CHE/3.0m」¥22,500(税抜)

それぞれ、昨年発売された「Starlight 7」(発表当時の名称は「Starlight Cat8 Ethernet」)の上位/下位モデルとなる製品(関連ニュース)。伝送速度40Gbpsの次世代規格・カテゴリー8に対応している。上位モデル「Platinum Starlight」はOCC-7N Solid Silver、下位モデル「Chroma」は4N OFC(無酸素銅)を導体としている。プラグは24K金メッキされたRJ-45端子。

3層のシールドを施した導体を4つに分け、平行に並べる「Tile-Shield Technology」構造を取り、絶縁体に独自技術の「Composilex 2」を採用。直径約0.57mmの導体に3重のシールドを施しているにも関わらずケーブルの厚みは2.5mmで、柔らかく使い勝手の良いケーブルに仕上がっているという。

関連リンク

関連記事