オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
ネットワークオーディオのスタートに向け

ブライトーン、SOtMやLUMIN製品にRoon1年間ライセンスを付けたセット

編集部:押野 由宇
2017年06月12日
ブライトーンは、SOtMのネットワークトランスポート「sMS-200」とUSB-DAC「sHP-100」、LUMINのミュージックサーバー「L1」の3製品とRoonの1年間ライセンスをセットにしての販売を開始。それぞれを個別に購入した場合に通常300,090円(税抜・110円/$換算)になるところを、225,000円(税抜)で提供する。


同社ではこのセットについて「入門者の方、ストリーミングを始めたい方、PCオーディオを楽しまれている方それぞれどの環境でも有効にお使いいただける」としており、ネットワーク再生やUSB接続によるPCオーディオ、RoonやTidal、Qobuz、Spotifyなどのストリーミング再生などに対応できる構成となっている。

sMS-200はRoonReadyに対応したネットワークオーディオトランスポート。PCMが384kHz/32bitまで、DSDが11.2MHzまで対応しており、超低ジッタークロック、超低ノイズレギュレーター、アクティブノイズキャンセラーといった高音質化を図った機能を備えている。

sHP-100はUSB-B端子での接続に対応するヘッドホンアンプ搭載のUSB-DAC。最大192kHz/24bitのPCMおよび最大5.6MHzまでのDSDに対応し、DAC部はPCM再生音を向上させるべく、ノイズ対策や電源回路、シャーシ、デジタル入力からDA変換回路各段での対策を施している。

L1はPCM(FLAC、ALAC、WAV、AIFF、MP3、AAC/M4A)およびDSD(DSF、DIFF、DoP)の配信に対応したネットワークサーバー。ネットワークへ接続することでNASとして機能するほか、PCとUSB接続することでハードディスクとしても使用できる。

【問い合わせ先】
ブライトーン
TEL/03-6869-0516

関連記事