オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
価格や期間の詳細が正式決定

スペック、プリメイン「RSA-888」を新機種“DT”同等性能にするサービス。6月から受付開始

編集部:成藤正宣
2017年05月25日
スペックは、プリメインアンプ「RSA-888」を新モデル「RSA-888DT」と同等の仕様にバージョンアップさせるキャンペーンを6月から8月まで実施する。費用は37,800円(税込)と往路の配送料。返送代金は同社が負担する。

アップデート対象の「RSA-888」

「RSA-888DT」発表時に予告されていたバージョンアップサービス(関連ニュース)の期間と価格が正式に決定した形。

受付期間は2017年6月から8月の間で、バージョンアップ作業は7月から開始する。同社から保証書の発行を受けているユーザーには申し込みについての案内状が郵送されるが、保証書発行を申請していないユーザーに関しては、同社ホームページからの申し込みを受け付ける。または購入した販売店へ相談してほしいとしている。

電源部コンデンサーを同社が開発にかかわったニチコン製電解コンデンサー「響一」に交換するなど、内部構造のみをアップグレードし、デザインの変更はしない。バージョンアップ完了品は、リアパネルにゴールドシールを貼付して区別する。バージョンアップにかかる時間は、「RSA-888」が同社に到着後、30日前後とのこと。

スペックは同社製のアンプについて、「ご使用頂いているお客様に対し、可能な限りバージョンアップサービスを行う事を企業的良心と考え、行っていく」としている。

関連リンク

関連記事