車両構造まで考慮

レクサス新型クーペ「LC」にパイオニアのサウンドシステムが標準搭載

2016/12/12 編集部:小澤 麻実
  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE
パイオニアは、レクサスの新型クーペ「LEXUS LC」(2017年春頃発売予定)に同社のサウンドシステムが標準搭載されると発表した。

LEXUS LC

新開発の8チャンネルフルデジタルClass-Dアンプと12個のスピーカーで構成された「LEXUS LC Premium Sound System」を搭載。スピーカーはTADの技術に基づいて新開発した車載用「CST(Coherent Source Transducer)」スピーカーとなる。

標準搭載されるシステム

スピーカー配置にもこだわったほか、ウーファーも新開発のボックス型ドアウーファーを採用。車両ボディの強化による不要振動と不要音の排除など、車両構造まで考慮したとのこと。ハイエンドオーディオに匹敵する前方音像定位と、豊かに広がる自然な音場を高次元で両立しているという。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • FaceBook
  • LINE