オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
銘機賞受賞モデルが多数登場

今週末開催! 「信州ハイエンドオーディオビジュアルフェア」見どころ解説

季刊オーディオアクセサリー編集部
2016年12月01日
12月3日(土)、4日(日)の2日間にわたって、長野県松本市のオーディオショップ、ロイヤルオーディオが主催する「信州ハイエンドオーディオビジュアルフェア」が開催される。信州地区では最大規模のオーディオ&ビジュアルイベントとなっている。


会場は、昨年に引き続き松本市鎌田の松本めいてつショーホール。今年の話題のオーディオ&ビジュアル製品が勢揃いし、新製品の試聴ならびに会場特価での製品購入ができる。

昨年のイベントの様子

オーディオ銘機賞モデルの試聴会には多くのファンがつめかけた

ロイヤルオーディオ代表取締役社長を務める丸山 明氏は、フェアの見どころについて「今回の信州ハイエンドオーディオビジュアルフェアでは、国内外の話題の新製品が一堂に登場します。県下初登場の製品も多数ご用意しております。ビジュアル面では、特に4Kのプロジェクター、LGエレクトロニクスの有機ELディスプレイなどをご覧いただけます。高画質のホームシアタールームをお楽しみください」と語る。

またオーディオ関連については、オーディオ銘機賞受賞モデルが多数登場予定。「CD/SACDプレーヤーからスピーカーまで、話題の製品が会場特価でご購入いただけます。アナログレコードの即売会も行いますので、こちらもぜひ覗いてみてください」としている。

オーディオ銘機賞金賞を受賞したB&Wの「800 D3」やアキュフェーズの「DP-950」「DC-950」をはじめ、今年の注目モデルが一堂に会して試聴できる。時間を区切ったメーカー別の試聴会もあり、1日中オーディオ&ビジュアルを楽しめるイベントとなっている。近隣の方はぜひお気軽に足を運んで欲しい。

なお、イベント当日はロイヤルオーディオの店舗は休みとなる。

◆イベント詳細◆
信州ハイエンドオーディオビジュアルフェア
日時:12月3日(土) 10:00〜19:00
   12月4日(日) 10:00〜17:00
場所:松本めいてつショーホール
長野県松本市鎌田2-8-10
松本市鎌田R19号沿い(大駐車場完備)
主催:ロイヤルオーディオ
問い合わせ:0263-35-2219(ロイヤルオーディオ)

◆出展メーカー◆
アキュフェーズ、エソテリック、オーエス、ルーミン、ゾノトーン、タンノイ、デノン、トライオード、フェーズメーション、タオック、CAV、B&W、マランツ、オンキヨー、ビクター、KEF、ウィーンアコースティック、JBL、フルテック、エラック、シュア、モニターオーディオ、ニーノニーノ、オーラ、ヤマハ、TAD、ケンブリッジオーディオ、イクリプス、DALI、エプソン、プライマー、ソナスファベール、ゴールドムンド、マークレビンソン、スペック、JUNON、ブライトーン、ハヤミ工業、ミッション、富士通テン、クリプトン、トーレンス、キクチ、トランスローター、B.M.C、ラックスマン、朝日木材、ブルメスター、スペンドール、パイオニア、テクニクス、プレイバック、MHオーディオ、エアタイト

関連記事