オーディオ 商品レビュー

次へ

オーディオ 関連インタビュー

次へ
映画使用テイクと限りなく近い状態

映画シン・ゴジラの『劇伴音楽集』がハイレゾ配信スタート

編集部:川田菜月
2016年10月12日
映画「シン・ゴジラ」の劇中曲を48kHz/24bitのハイレゾ音源に仕上げた『シン・ゴジラ劇伴音楽集』が、e-onkyo musicHD-Music.moraなどで本日10月12日より配信開始した。

『シン・ゴジラ劇伴音楽集』

本作は、12年ぶりの日本版「ゴジラ」として今夏に公開以来、大ヒットを続ける映画『シン・ゴジラ』の劇中音楽を、映画使用テイクそのままに48kHz/24bitのハイレゾ音源化したオリジナル・サウンドトラック。

映画公開日翌日にリリースされたCD音源「シン・ゴジラ音楽集」とは、ミキシング/マスタリングが異なり、ハイレゾ音源バージョンでしか聴くことができない仕様になっている。なお、一部オリジナルからのモノラル音源をデジタライズしたものも含まれるとのこと。

今回フォーマットを48kHz/24bitとした理由については、作編曲家の鷺巣詩郎氏は「近年における、映画の最終ミックス上のフォーマットと同一であり、映画の中で鳴っている音楽に限りなく近い状態で届けたいという意図」と語る。

大ヒット中の映画『シン・ゴジラ』で使用したテイクと限りなく近い仕様に

販売価格は2,592円(税込)、アルバム販売のみの取り扱いとなる。各配信サイトの詳細は以下のとおり。

e-onkyo music:ニュースリリース配信ページ

HD-Mudic.:配信ページ

mora:ニュースリリース配信ページ

関連リンク

関連記事